top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

犬の『精神年齢』は?人間で例えた場合の年齢や犬種ごとの知能の違いまでご紹介

わんちゃんホンポ

犬の「精神年齢」とは

そもそも「精神年齢」とは、一般的に知能検査によって測定されるもので、「知能年齢」や「生活年齢」と呼ばれることもあります。人間の場合は、学習に関する能力だけでなく、思考力や発想力なども指標に含まれ、精神的な成長の度合いを指すものとも考えられています。

一方、犬の「精神年齢」は、ものごとの理解力や思考の柔軟性などを含んだ知能レベルの高さではかられることが多いでしょう。

犬の精神年齢(=知能年齢)は、人間に例えると2歳~3歳だとされています。もちろん、生まれつきまたは生育過程が影響する個体差が大きいので一概には言えませんが、人間の2歳~3歳程度の理解力や思考力を持つ犬が多いようです。

ちなみに、他の動物で最も知能レベルが高いとされるのがチンパンジーです。その他にも、イルカやゾウ、カラス、豚も知能指数が高く、それらに次いで犬がランクインすると言われています。

知能が高いと言われる犬種

犬の精神年齢の高さは、個体差が大きいものですが、いくつかの犬種は精神年齢や知能指数が平均的に高い犬種として知られています。

広告の後にも続きます

日本でよく知られている犬種のなかで精神年齢が高いとされる犬種は、ボーダー・コリーやプードル、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ラブラドール・レトリバーなどです。

ボーダーコリーの理解力や状況判断力は非常に高く、さらに思考の応用力もあり、人間と長年牧羊の仕事をしています。人間がすぐそばにいて逐一指示を出さずとも、犬自身が状況に合わせて判断して動き、目的を達成できるのはボーダー・コリーが優れていることのあらわれでしょう。

また、プードルやシェパード、レトリバーも人の指示に対する理解力が高いうえ、従順に仕事をやり遂げる能力と意思を持っている犬種です。

これらの犬種は、現在でも人間とともに仕事をしていることが多いため、日本でもその活動を見聞きする機会があるでしょう。

犬の知能指数をはかる『Dog IQ Test』

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル