top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

浦和高生が反対の声…公立高“共学化”の是非 さいたま市議「選べる環境必要」、元宮城県知事「共学化は理屈にかなっている」

ABEMA TIMES

 入学シーズン、多くの人が新たな門出を迎えようとしている中、埼玉の名門進学校・県立浦和高校の生徒らが先週、県の教育委員会に対し「共学化反対」の声をあげた。

【映像】「2024年度 東大合格者数ランキング」 上位4位までは男子校

 2023年8月、埼玉県の第三者機関が男女平等の観点から、県内の公立の男女別高校に関して「共学化が早期に実現されるべき」と教育委員会に勧告。これを受けて、浦和高校など対象となる高校の卒業生や保護者らが中心となって反対の声をあげ、署名活動なども行ってきた。そんな中、浦和高校の現役の生徒らが県教育委員会の担当者を学校に招き、意見を述べたのだ。さらに今月、生徒会が実施したアンケートでは、約86%が「反対」「どちらかといえば反対」と回答した。

 別学公立高校の共学化の是非について、『ABEMA Prime』で議論した。

 浦和高校の意見を聞く会で生徒から出たのは、「別学を選ぶ権利を奪う」「異性がいると埋もれる意見も腹の底から話し合える」「共学化のメリットを示して」といった意見。

広告の後にも続きます

 共学化に反対する浦和高校OBでさいたま市議の堀川友良氏は「『共学化のメリットを示してほしい』という声があるあたり、少し性急な話になっていると感じる。第三者機関が勧告を出したわけだが、ここに至るまでの議事録もメモも出てきていない。また、男女別学・共学に関してのデータも不足している」と指摘する。

 埼玉の県立高校137校のうち、男子校が5校、女子校が7校。ただ、偏差値上位10校を見てみると、男子校が3校、女子校が2校入る状況になっている。

 これに堀川氏は「男女別学のほうが学力が伸びやすいという韓国のデータもある。そこで私学だけ、つまりお金がある子どもだけ別学に通える状況は、ある程度是正されないといけない」との見方を示す。

 教育者で京都精華大学前学長のウスビ・サコ氏は「お金があるかないかで学校が決まらないよう、その子の選択を支援することが重要だと思う。多くの国で、国が支援して一部の人が私学に入っている。試験に受かる能力があって、その子に合うのであれば、お金がない家庭へはお金を出していく。公立をどうするかもあるが、そういう支援もあるのではないか」との考えを述べた。

 県立浦和高校同窓会が2023年12月に埼玉県知事・教育委員長に提出した意見書では、「共学化は社会の男女間格差や不平等が学内に持ち込まれる」「別学の廃止で異性と接することに恐怖心を持つ生徒を無視することになる」といった声もあがっている。

 堀川氏は「例えば、男子野球部の女子マネージャーなんかは相当固定されている状況だ。しかし、男女別学であればそういう役割に縛られることもない。実際、浦和第一女子校校なんかでは、理系に行く生徒の割合が多くなっている。子どもたちがそこに行きたいと思った時に選べる環境を残しておくことは、少なくとも今の段階では必要だと思う」と指摘。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル