top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

笑いあり、感動あり、サプライズあり<GENERATIONS高校TV>卒業式開催 関口メンディー、答辞で語る「全力は奇跡を起こす」

WEBザテレビジョン

ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEによるABEMAオリジナルバラエティ番組「GENERATIONS高校TV」(以下、「GENE高」)3学期の最終回として、「GENE高卒業式2時間生放送SP!〜7年間たくさんの夢をありがとう〜」と題した特別編が、ABEMA SPECIALチャンネルにて3月30日に生放送された。

放送開始から7年間続き、ついに最終回を迎えた本放送では、GENERATIONSメンバーをはじめ、番組のナレーションを担当してきたアルコ&ピースの平子祐希も出演し、番組を卒業するメンバーのための卒業式を行った。「GENE高」の“校長”こと、番組の企画・演出を務める放送作家の鈴木おさむからの祝辞や、メンバーひとりひとりが「GENE高」卒業への思いをこめた答辞を読みあげた。

平子が代読した“校長”鈴木からの祝辞では、「LDHから、GENERATIONSでおもしろいバラエティを作ってほしいとお願いされて『GENE高』は誕生しました」と番組誕生の秘話などが明かされたのに加えて、放送が始まった当初のGENERATIONSの印象や7年間での変化などが語られ、メンバーひとりひとりに感謝をこめた言葉が贈られた。

■ひとりひとりからの答辞

そして、ひとりひとり答辞を読む場面では、時折、声をつまらせるメンバーもおり、片寄涼太は「個人的にどうしても忘れられないのは父の高校に訪問できたこと」と自身の父が音楽教師を務める高校に訪問し、15年ぶりに親子でピアノの連弾を行った2019年4月の放送をふり返り、「『GENE高』のおかげで想像できないかたちで親孝行ができたことは、自分の人生においても忘れられない、とても心に残る時間だった」とまた、「高校生のみんなの青春を一緒に味わったり、いろんな学校の魅力を知ったり、一緒に踊ったり、なやみを聞いたり、時には同じドームのステージに立ってパフォーマンスをしたり、『GENE高』は僕らにとって、青春そのものでした」と番組への思いを打ち明けた。

また、関口メンディーは、「『GENE高』が始まった当初、僕は調子に乗っていました」と語り、さまざまなバラエティ番組に出演し、メンバーのなかで“誰よりもバラエティをわかってる”“俺は目立てるから、みんながどう目立てるか考えてやらないと”という考えを持っていたことを打ち明け、「でも、そんな態度を見透かされたある日、事件は起きました」とそんな自身の考えがガラリと変わるきっかけとなった出来事を思い返す。そこから「何かを残そうと必死になった」と言い、「全力は奇跡を起こす。笑いの神様は全力が大好きなんだ、と決して器用ではない僕の生きる道、そして、大切なことを『GENE高』から教わることができました」と番組とともに歩んだ7年間をふり返った。

さらに、白濱亜嵐は「『GENE高』でのすべての出会いが、僕たちを成長させてくれました」と感謝をこめて述べると、小森隼は、メンバー最年少ながらにMCという大役に抜擢されたことで苦悩もあったと明かし、「最初に抱いていた劣等感、プレッシャーはこの7年間で、この世界で戦う僕の大きな武器になり、個性になりました」と声をふるわせながら語るなど、それぞれが「GENE高」への思い、視聴者への感謝の気持ちをつづっていた。

■番組テーマ曲の披露シーンでは

加えて番組では、過去の映像をふり返りながら、メンバーが過去に訪れた高校で出会った当時の高校生たちの“今”を追った企画や、「GENE高」7年間のなかで、最初で最後となった生パフォーマンス、番組テーマ曲「PARTY7〜GENEjaNIGHT〜」の披露シーンでは、突然、“校長”の鈴木をカメラの前に連れ出すメンバーからのサプライズがあるなど、最後まで笑いあり、感動あり、ハプニングありの「GENE高」らしい最終回となった。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル