top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

堀未央奈&百瀬拓実“みおたく夫婦”念願の韓国旅行でカニにしゃぶりつく「うま!」<私たち結婚しました 5>

WEBザテレビジョン

芸能人同士の結婚生活に密着するABEMA結婚モキュメンタリー番組「私たち結婚しました 5」(毎週金曜夜11:00~11:30 ABEMA SPECIALチャンネル)第3話が、ABEMA SPECIALチャンネルにて3月29日に放送された。

「私たち結婚しました 5」は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的ヒット番組「私たち結婚しました」を日本版にリメイクした、ABEMAオリジナル結婚モキュメンタリー番組の最新シーズンで、芸能人同士の期間限定の結婚生活に密着し、結婚式や新居の準備、寝室での様子など、ふだん見ることができない芸能人夫婦の生活を公開していく。シーズン5は、堀未央奈と百瀬拓実、白間美瑠と永田崇人のふた組が、結婚生活を送っている。

■第3話では

3月29日放送の第3話では、堀と百瀬の“みおたく夫婦”は、念願の韓国旅行を楽しむ。買い物デートを楽しんだ後、堀おすすめの韓国料理のヤンニョムケジャン(ワタリガニの辛味噌漬け)を食べることになるが、百瀬は初めてのヤンニョムケジャンを前に、どう食べていいのかわからず、困っている。それを見た年上妻の堀は「これを吸ってほしいんだけど、吸った後にごはんを口に入れるから一緒に食べて、わかった?」と百瀬を積極的にリードする。百瀬は突然の指示に困惑しつつも、「わかった!」と元気よく返事をし、堂々とカニにしゃぶりつき「うま!」と感動し、つぶやいていた。

また、食事の最中、キムチを食べやすいサイズに切ろうとするも、苦戦し、「もー!」とつぶやく堀を見かねた百瀬は、「貸してみ」と言い、自身の握力が弱いことを明かしていた堀に「さすがに握力9kgの人に切らせるわけにいかないからね」とふだん年下夫っぷりを炸裂している姿とは打って変わった、男らしい一面をのぞかせる。

食事を楽しんでいるふたりは、芸能界入りのきっかけを語り出す。百瀬は芸能界入りを志した理由について、高校時代、学校には通っていたものの、家に引きこもっていたことを明かし、「ずっと家にいたからひまで、ドラマとか見ていたんだけど、こっち側の世界(芸能界)、楽しそうだなっていうのと、同じような人たちを救う側になりたいなって勝手に思って」と学生時代のことや芸能界を志した理由を堀に打ち明ける。

そのことを聞いた堀は、その後のインタビューにて「意思っていうか、目標があって始めて、今もずっとがんばっているんだなと思うとすごい尊敬」「ただただかわいくて癒される存在というだけではなくて、強さみたいなものを感じました」とグッときた様子で語っていた。

■「自分が風になる」

とある夜、自宅にて堀は、ソファで趣味のプロレス観戦を楽しむ“ダラダラモード”の百瀬を発見する。

その後、一緒に夜食を作ることになると、堀は百瀬に背後から近づき、「髪の毛、ぬれているの?」と髪をわしゃわしゃと触り、まるで子犬のようにかわいがる。

また、学生時代陸上部だったことを明かした堀は、「競歩もめっちゃ早いの、私」と言う。すると、そのことを知った百瀬は「競争しよ」とつぶやき、ふたりは急ぎ家のなかで競歩対決をくり広げる。初の競歩に挑んだ百瀬を見た堀は、「ちょっと前かがみになっちゃっているかもね」と姿勢についてアドバイスを送りつつ、元陸上部として堀がお手本を見せると、堀の予想以上に素早い競歩を見たふたりは爆笑する。

続いて、堀は「自分が風になる」「重力に負けちゃダメなんだよ」と指導に熱が入り、百瀬も負けじと練習に打ち込む。

しばらくのあいだ、夫婦の仲むつまじい“競歩対決”を静観していた三浦翔平はしびれを切らし、「ごめんなさい、我々は今、何を見せられているんですか!」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれていた。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル