top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

女子は、見た目で友達を選ぶ。仲良しグループの顔レベルが同じだと『好都合』という女の本音

東京カレンダー

東京の女性は、忙しい。

仕事、恋愛、家庭、子育て、友人関係…。

2023年を走り抜けたばかりなのに、また走り出す。

そんな「お疲れさま」な彼女たちにも、春が来る。

温かくポジティブな風に背中を押されて、彼女たちはようやく頬をゆるめるのだ――。

▶前回:「高年収の男との別れってつらい…」高級ホテルやレストランに慣れっこになっていた29歳女は…



薫(26) 一緒にいるの、しんどいかも…


3月末、昼過ぎの東京駅八重洲口。

薫は、スーツケースを転がしながら歩いている。

スーツケースの上に乗せている紙袋の中には、ホノルル・クッキー・カンパニーの缶が2つ。

自分と、実家で暮らす両親へのお土産だ。缶同士が小さくぶつかり、カタカタと音を立てる。

― ハワイに比べたら、東京はだいぶ涼しいなあ。

3時間前に日本に戻ってきたばかりの薫の腕は、こんがりと焼けている。ブラウンの長い髪が、春風に吹かれてなびいた。

「あー楽しかった」

あえて声に出して言ってみたが、薫は自分の声の薄っぺらさに笑えてしまう。

― いや…楽しい瞬間もあったけど、それ以上に疲れちゃったな…。

“いつメン”の同期女子6人での、ハワイ旅行。

年末恒例のクリスマス会で急遽決定し、勢いのままその場で予約した。そのときから、薫は正直気乗りしていなかった。

― 無理やり彼女たちに合わせて、海外旅行なんて行かなきゃよかったな。


薫が勤務する大手広告代理店には、入社当時、同期が100人近くいた。うち女子は40人ほど。

女子は、無意識レベルで「自分と見た目レベルの近い子」に近寄る習性がある。

薫は、昔から美人だと言われることが多かったし、華やかな雰囲気を醸し出していることは自覚してる

入社してすぐ、選りすぐりの同期美女が近づいてきて“いつメン”になった。

ミスコン優勝者、人気俳優の次女、キー局女子アナ選考面接落ち、人気インフルエンサー、元子役。

最初はよかったが、最近は彼女たちと一緒にいて違和感を感じるようになってきた。

― 馴染んでいるのは、見た目だけだよね、きっと。

出会って3年、抱え続けてきた違和感が、今回のハワイ旅行で露呈したように思える。



ハワイに到着してすぐのこと。

移動中の車内で、みんな押し黙ってスマホを見ているので、薫は驚いた。

― 仕事かな。

そう思ってなんとなく覗き込んだら、みんな一様にInstagramを見ているのだった。

開け放した窓からは、青い海と赤い太陽が見えている。

「ねえ、夕日きれいだよ」

薫が言うと、みんな顔を上げて一瞥し、次の瞬間スマホで撮影を始める。

「んー上手く撮れない」

「夕日ってきれいに撮れないよね」

そして、スマホに視線を戻してしまう。

― え、そんなにSNSが大事?目の前の景色を、どうして自分の目でじっくり見ないの。

…そんな説教くさいことをみんなに言うほど、薫は空気が読めないわけではない。

しかし、何でもかんでもSNSに上げたがる必死さに閉口してしまった。

それから、食事中。

ようやくスマホをしまって話がはずむと思えば、ここにいない人の品評会が始まる。

「先輩の誰々が結婚したけれどあの旦那は浮気しそう」だとか。

「あの子は美人な割に付き合っている相手がパッとしない」だとか。

― こういう話は毎度のことだけれど…。ハワイに来てまでこんな話になるのか。

初めて密に過ごした5日間は終始こんな調子で、SNSのために写真を撮るか、誰かの批評をするかに尽きた。だから薫はヘトヘトになってしまったのだ。

― 高くないお金を払って、疲労を買ったみたい。

重いスーツケースが、よりずっしりと感じられる。

― 気分転換に、皇居の桜でも見に行こうかな。

薫は、丸の内駅舎の方に向かった。



誘いを断って、みんなと距離を置けたらどんなに楽だろうと思う。

― でも、私にはそんなことできない。

薫は、孤独になることを恐れていた。

入社して数年は「同期会」なるものが定期的に開催され、飲んだり、騒いだり、大勢でざっくばらんに楽しんだ。

その同期会も4年目の今、頻度は大きく減って、年々疎遠になるばかり。

― 今や、気軽に連絡できるのは結局あの子たちだけだし。

同期とつながっていると、社内の人脈などで困ったときにすぐに頼れるなどの実利がある。簡単に手放すわけにもいかないのだ。

そのとき、目の前のカップルの会話に耳が向く。

なにやら険悪なムードだ。薫は、ガラガラと音を立てていたスーツケースを優しく引いて、気配を消した。

「…ねえ、晃汰。結婚について正直どう思ってる?」

「あのさ、こんなこと言ったら悪いかもしれないけれど。…僕と瑠衣、本当に合うのかな」

本音をぶつけ合う2人を見て、思う。

― 私もああやって、言えたらいいな。

合わないかも、という違和感を伝える。それは人生を守るために大事なことだ。

― 私、ちゃんと距離を置こう。


ふとLINEをチェックすると、例のグループの通知が5件。

「旅行楽しかったね!ところで合コンのお知らせです!」

ミスコン優勝者の子が、人脈を駆使してイケメン医師を集めるという。金曜、20時から、表参道。

速攻で「行きます」と返事をしているみんなをよそに、薫は「ごめん、その日は行けない」と返した。

メッセージを送った途端に、距離を置くって簡単なことだったのかも、と薫は感じた。






金曜、仕事を終えた19時半。

帰って何を食べようかと考えながら、薫は会社のロビーを歩く。すると、グループの5人が揃って立っていた。

きらびやかな服に身を包んで、とても楽しそうだ。

― ああ。これから食事会に行くのか。

忘れていた。時間をずらして退社すればよかったと、薫はにわかに後悔する。

みんなも薫を見つけ、気まずそうに「あ」と言い、顔を見合わせて苦笑いした。

「あ…また誘うね!」

ぎこちないセリフに、薫も苦笑いをして去っていく。

妙な距離感。

― きっと、次の誘いも断ったら、やんわりとグループから外されていくんだろう。

女子の仲良しグループでは、3回も誘いを断り続ければ変な空気が生じる。

「あの子、実は私たちのこと嫌いなんじゃない?」という話になって、気をつかわれ、誘われなくなる。

― それでいいや。

友人を失うのは痛いことのはずだが、想像しても、薫の中に寂しさはない。



「ふう」

薫は地下鉄の駅に下りて、滑り込んできた電車に乗り込んだ。

― よし。

勢いで、LINEグループを抜けてみる。それから、あれこれ考えなくていいように、Instagramのアカウントも消してみた。

― みんな、放っといてくれればいいけど。

しかし10分後にさっそく、社内チャットで連絡がきた。

「LINE、乗っ取られた?」「Instagramも消えてるけど、大丈夫?」

薫は、苦々しい思いでメッセージを打つ。

「ごめん、ちょっと離れようと思って」

どう返したらいいか困っているのか、返事は一切こなかった。ただ、泣いている絵文字のリアクションだけが返ってくる。

― 大丈夫、これでいい。

地下鉄の黒い窓にうつる自分は、思った以上に晴れやかな顔をしていると薫は思う。

スマホから目をそらして見上げた広告には、箱根の温泉の写真が載っていた。

― いいなあ。ひとり旅にでも行くか。

薫は目を細める。

― 誰かに見せるためではない、自分のための旅行をしよう。

想像すると気持ちが軽くなる。

薫はルンルン気分で、予約サイトを開いた。


▶前回:「高年収の男との別れってつらい…」高級ホテルやレストランに慣れっこになっていた29歳女は…

▶1話目はこちら:大学卒業7年で差が歴然。29歳女が同級生に感じるコンプレックス

▶Next:4月10日 水曜更新予定
「仕事と私、どっちが大事」プライベート返上で働く彼氏が不満で…


 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル