top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

昔から憧れていた、その人の所へ行ってひと夏を過ごしてみようという着想が浮かんだ

ゴールドライフオンライン

淀んだ溜め池を臨む作業場(アトリエ)の窓辺にたたずみ、修作は過ぎ去った日々にとりとめなく思いを馳せる。幼き日の不安定な境遇、高校・美大受験での挫折、実らずに終わった恋愛の数々、職業生活の蹉跌——常に生きづらさを抱え、愛を求め続けてきた半生を振り返り、狂おしく紡ぎ出されるモノローグの中、修作は改めて思い至る。文学、美術の創造行為のみが変わることなく自身の救いであったことに。※本記事は、森下修作氏の小説『ノスタルジア』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

四十七

修作には夏になると思い出すひとつの情景がある。

その人が修作の母の何にあたるのか正直いまだに彼は知らない。(ただ親類の方だという以外)……。

その人の持つ修作の周囲にはない雰囲気にいつもあこがれた。ややこしい経緯で修作は二度目の高校受験に失敗し、うちのめされたように暗い高校生活を毎日送っていた。

毎日考えることといえば、どこで、どうやって自殺するかということばかり考えて、現実から逃げていた。

広告の後にも続きます

そんな時、高校が夏休みとなり、母の生家へと行った。幼い頃から夏休みは母の生家に数日泊まり、集まってくる親類の子供たちと交流を持つということをしていた。その時もそんな風にして数日過ごし、帰るという日になって、修作は不意にあることを閃いた。

その人の所へ行ってひと夏を過ごしてみようという着想が浮かんだ。もしかしたら自分の危機をそのことで回避できるかもしれないと思った。根拠もなく。

いや根拠はある。その人の持つ雰囲気だ。その人の所というのは神奈川県の逗子という所だった。その人の家で寝起きし、朝、昼、晩と食事の世話を受け、昼間は好きなようにして修作は過ごした。

日課のように毎日裏山に登ることはかかさなかった。そんなに高い山ではなかった。が、一度、雷にあった時は遭難しかかった。暗くなっても帰ってこないから心配した、と山の入り口まで来た時、その人と息子さんが迎えに来ていた。

低い山だからといってあなどってはいけないとつくづく感じる瞬間だった。日々、単調なほどに、裏山に登り、帰るという毎日だった。そうして修作の再びの高一の夏は過ぎていった。

少しずつだが心が癒され回復していくのが修作にも知悉できた。ひとり猫がその傷をなめていやしていくように修復していく……。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル