top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

午前4時のバーカウンター 初恋の相手が思いを打ち明ける 「パスト ライブス」本編映像

映画スクエア

 2024年4月5日より劇場公開される、「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」などを生み出したA24と、「パラサイト 半地下の家族」を配給した韓国のCJ ENMが初の共同製作を果たした映画「パスト ライブス/再会」から、24年ぶりにニューヨークで再会したノラとヘソン、さらにノラの夫・アーサーの3人が、午前4時にバーを訪れるシーンの、本編映像が公開された。

 ノラは英語と韓国語が話せる、韓国で暮らすヘソンは韓国語を話し、ノラの夫・アーサーは英語を話し、韓国語がわからない。ノラが2人の間で英語と韓国語でコミュニケーションを取り談笑していたが、ヘソンが隣にいるノラへ募る思いを打ち明け始めると、やがて会話は韓国語ばかりとなる。「一緒にいると妙なこと考える」「12年前のあの時もし僕がニューヨークに来ていたら?」「君がソウルを去らなかったら?」と口にするヘソン。2人の間にあった「もしもあの時・・・」の過去に思いをはせる。言葉がわからないアーサーは、耳を傾けながらも決して口は挟まない。「君が国に残り一緒に大人になったら?」「僕たちは付き合った?それとも別れた?」「結婚したのかな」と、心の内を打ち明けるヘソン。誰しも訪れる人生の選択や人生の分岐点、思い出を掘り起こし、これまで選択した人生と選択しなかった人生を想起させる映像となっている。

 「パスト ライブス/再会」は、移住によって離ればなれになった幼なじみのふたりが、24年後の36歳の夏にニューヨークで再会する7日間を描くラブストーリー。ソウルに暮らす12歳の少女ノラと少年ヘソン。ふたりはお互いに恋心を抱いていたが、ノラの海外移住により離れ離れになってしまう。12年後に24歳になり、ニューヨークとソウルでそれぞれの人生を歩んでいたふたりは、オンラインで再会を果たすが、互いを思いながらもすれ違ってしまう。そして12年後の36歳。ノラは作家のアーサーと結婚していた。ヘソンはそのことを知りながらも、ノラに会うためにニューヨークを訪れる。24年ぶりにやっとめぐり逢えたふたりの、再会の7日間が描かれる。

【作品情報】
パスト ライブス/再会
2024年4月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
Copyright 2022 © Twenty Years Rights LLC. All Rights Reserved

 
   

ランキング(映画)

ジャンル