top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

若き女性教師 生徒を守るために職員室で隠し撮り 孤立無援の窮地に陥る 「ありふれた教室」予告

映画スクエア

 2024年5月17日より劇場公開される、本年度の米アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートされた、ドイツのイルケル・チャタク監督最新作「ありふれた教室」の、日本版予告が公開された。

 予告編では、若手教師のカーラが次第に窮地に追い込まれていく様子が描かれている。盗難が相次ぐ校内で、生徒を守るために職員室で隠し撮りを仕掛けたカーラ。それをきっかけに、生徒の反乱や同僚教師との対立が起こり、保護者からも猛烈な批判を浴びる。カーラが目にアザをつけた様子も垣間見える。

 あわせて公開された本ビジュアルは、真っすぐこちらを見つめる若手教師カーラの意味深なまなざしに、「先生(わたし)、おかしい?」のコピーが添えられている。また、場面写真では、教室で叫ぶカーラの姿や中指を立てる生徒などの姿が切り取られている。

 「ありふれた教室」は、ある新任女性教師の視点で進行するサスペンス・スリラー。仕事熱心で正義感の強い若手教師のカーラは、新たに赴任した中学校で1年生のクラスを受け持ち、同僚や生徒の信頼を獲得しつつあった。そんなある日、校内で相次ぐ盗難事件の犯人として教え子が疑われる。校長らの強引な調査に反発したカーラは、独自に犯人捜しを開始。カーラが職員室に仕掛けた隠し撮りの動画には、ある人物が盗みを働く瞬間が記録されていた。やがて盗難事件をめぐるカーラや学校側の対応はうわさとなって広まり、保護者の猛烈な批判、生徒の反乱、同僚教師との対立を招いてしまう。カーラは、後戻りできない孤立無援の窮地に陥っていく。

 長編4作目となるチャタク監督は、教育分野で働くさまざまな人々へのリサーチを行い、自らの子供時代の実体験も織り交ぜてオリジナル脚本を執筆。誰にとってもなじみ深い学校という場所を“現代社会の縮図”に見立て、正義や真実の曖昧さをサスペンスフルに描いている。教員のなり手不足や過酷な長時間労働、モンスター・ペアレンツなどの問題がしばしば報じられる日本社会とも無縁ではない作品となっている。

©ifProductions_JudithKaufmann © if… Productions/ZDF/arte MMXXII
©ifProductions_JudithKaufmann © if… Productions/ZDF/arte MMXXII
©ifProductions_JudithKaufmann © if… Productions/ZDF/arte MMXXII

広告の後にも続きます

【作品情報】
ありふれた教室
2024年5月17日(金)、新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋他全国公開
配給:アルバトロス・フィルム
© if… Productions/ZDF/arte MMXXII

 
   

ランキング(映画)

ジャンル