top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

大規模特殊詐欺「ルフィ」を壊滅させた2人の女⑥〜「解放されて、自由で、楽になって、刑務所に入ってもいいから日本に帰りたかった」

日刊SPA!

「ルフィ」などと名乗り、フィリピンから広域強盗事件を指示した疑いがある渡邉優樹被告(39歳)ら特殊詐欺グープの「かけ子」で、23年1月に東京・足立区で起きた強盗未遂事件で起訴された山田李沙被告(27歳)の判決公判が3月5日、東京地裁で開かれた。山田被告は「かけ子」として被害者の情報を指示役に提供したとして、強盗予備、住居侵入などの罪に問われ、懲役1年2月を言い渡した。
 判決理由として「組織的かつ計画的で悪質」と指摘する一方で、「事実を認めるとともに指示役らについてもつまびらかに話している」として懲役1年6月の求刑に対して1年2月を言い渡した。

 同被告は23年8月に窃盗罪で懲役3年の実刑判決を受け現在服役中だ。2月22日に行われた公判では起訴内容について「間違いありません」と認め、今後予定される、指示役とみられる渡辺被告らの裁判に「呼ばれることがあれば全面的に協力したい」と述べ、全容解明にひと役かっている。

 被害総額60億円。大規模特殊詐欺、強盗、殺人。通称「ルフィ」事件にかかわった、実行犯12人の容疑者(被告)の素顔を描いた、『「ルフィ」の子どもたち』(扶桑社)から、山田被告の素顔に迫る。

(おことわり)被疑者、被告人については現在も捜査や裁判が続いているため司法の公正な判断が待たれる。本稿においては報道上、社会的意義のあるものとして彼らについて取り上げる。なお、本文中の敬称等は略し、年齢、肩書などは原則的に事件当時のものを掲載する。

(以下、『「ルフィ」の子どもたち』より一部編集の上抜粋)

◆コンプレックス

 埼玉県川越市。

「小江戸」とも呼ばれるこの町には江戸時代の風情を残す街並みが広がっている。観光客でごった返す、その一角にほど近いエリアで山田は生まれ育った。柴田と同じく母子家庭。しかし、山田はそのことをおくびにも出さず育っていた。

 山田にある“転機”が訪れたのは中学に入ってからだった。山田の同級生B子が明かす。

「小学校までは普通の子、友達思いの優しい子でしたよ。ただ、中学に入ってからいじめに遭って不登校になっちゃったんですよ。口にするのもは憚られる、外見をいじるような。なぜ、彼女がいじめグループに狙われたのかはわかりません。でも言い返すような子ではなかった。だからいじめがエスカレートしたのかもしれません」

 しかし、いじめを受けてもめげなかった。中学には満足に通えなかったが、高校に進学、そして親思いの一面を見せる。
母親の助けになればと、アルバイトの面接を受けることになった。のちに裁判では、その時に言われた言葉が自らのコンプレックスにつながったと語っている。

◆「普通じゃないあなたは雇えない」

 個人経営の飲食店だった。小さな店の片隅で履歴書を提出すると、それをさげすむよ
うな目で見やる経営者。そしてこう聞いた。

「なぜ保護者の欄が母親なの?」

 山田は「母子家庭だから」と理由を述べたが、それを聞いた経営者からは耳を疑う言葉が発せられた。

「ウチの店には普通の人しかいてもらいたくないから、普通じゃないあなたは雇えない」

 そのとき、相当のショックを受けたと山田は法廷で述べている。そして、自分は普通の人間ではないのだから、普通の職には就けない、と悟ったこの一件は、その後の山田に暗い影を落とす。

 なにをするにも必要以上に相手の顔色を窺うようになったのだ。自分には価値がない、当然社会にも自分の居場所はない。そんな自分が必要とされるなら、甘んじて受けよう。それが、自分を守るすべだった。

 高校を卒業した山田は、必要とされた風俗に自分の居場所を見出した。

◆4年間のかけ子生活

 結局、山田はフィリピンに4年ほど滞在した。その間、ルフィグループのためにひたすら電話をかけ続けたのだ。

 2021年、それはルフィらがのちに日本列島を震撼させる「タタキ」(強盗)を始める直前だった。幹部がビクタン収容所に収容された。山田は幸運にも逮捕を逃れた。

 幹部からの暴行などの恐怖から解放された山田は、収容所に収監されてもなお、指示を送ってくる幹部に従うのがバカらしくなった。意を決した山田は「死ぬまで犯罪で生きていくのが嫌になった」と在フィリピン日本大使館に逃げ込んだのだ。

「解放されて、自由で、楽になって、刑務所に入ってもいいから日本に帰りたかった」と、この時の心境を裁判で供述した山田だったが、皮肉なことに、ルフィの幹部と同じビクタン収容所で、日本への強制送還を待つことになったのだ。

 当時はコロナ禍で、世界中の国境が閉じていた。それはフィリピンも同様だった。強制送還がすぐに叶わないと知った山田だが、またもルフィグループに取り入れられたのだ。そして、収容所から再び電話をかけ続けることになった。

 エースと言われた山田の腕は錆びついていなかった。すぐに、幹部のいるエアコンの効いた「VIPルーム」への入室が許された。実は、このあとに起こる、連続強盗事件の実行犯、永田陸人が逮捕されるきっかけとなった、足立区の強盗未遂事件の前日に「アポ電」をかけたのが山田だった。

 裁判で「実際に手を下していないので犯罪行為をやっているとは思っていなかった」と証言した山田。ルフィグループ幹部たちも、罪悪感が薄く、忠実な部下である山田を最後まで信頼していたのだ。

 その後、90歳の老女が死亡し、広域強盗事件が世間へ知られることになった「狛江事件」へのルフィグループの関与が明らかになり、渡邉、藤田ら幹部4人の強制送還が実現した。その後、山田も強制送還され、機内で逮捕されている。
詰めかけた報道陣を前にふてぶてしく歩く4人とは対照的に、飛行機から降りた山田が、カメラの前で深々と頭を下げたのが印象的だった。

(次回に続く)

取材・文/週刊SPA!特殊詐欺取材班 写真/PIXTA

―[「ルフィ」の子どもたち]―



【週刊SPA!特殊詐欺取材班】
『週刊SPA!』誌上において、特殊詐欺取材に関して、継続的にネタを追いかける精鋭。約1年をかけて、「ルフィ」関係者延べ百数十人を取材した
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル