top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

長谷川博己主演ドラマへの“アンチコメント”を集めた前代未聞のティザー映像が公開「たかがドラマに何もったいつけてんだ」<アンチヒーロー>

WEBザテレビジョン

長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)が4月14日(日)よりスタートする。このたび、これまでドラマに寄せられたという“アンチコメント”がまとめられた“アンチティザー”映像が番組公式SNS上で公開された。

■常識を覆す“逆転パラドックスエンターテインメント”

同ドラマは、長谷川が7年ぶりに日曜劇場で主演を務める、日本の司法組織を舞台とした“逆転パラドックスエンターテインメント”。「正義の反対は、本当に悪なのだろうか」ということを視聴者に問い掛け、スピーディーな展開で次々と常識を覆していく。

日常のほんの小さなことがきっかけで正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう、まさにバタフライエフェクトのような展開が待ち受ける。

日本の刑事裁判での有罪率は99.9%と言われているが、長谷川演じる弁護士は、残り0.1%に隠された「無罪の証拠」を探し依頼人を救う救世主のような人間ではない。

たとえ、犯罪者である証拠が100%そろっていても無罪を勝ち取る、「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士。ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物だ。

また、主人公と同じ法律事務所で働く同僚弁護士役で北村匠海と堀田真由、パラリーガル役で大島優子、東京地方検察庁の検察官役で木村佳乃、検事正役で野村萬斎の出演が決定している。

■“アンチコメント”だらけのティザー映像

「視聴者の怒りを買いそうな題材だな」「たかがドラマに何もったいつけてんだ」「別に謎にするほど期待してないけどな…」など、ドラマタイトル「アンチヒーロー」にかけて、アンチな意見を逆手に取ったテロップが次々と流れる“アンチティザー”。

映像を見た視聴者からは「逆にワクワクしちゃう」「アンチコメントを活かしてる!」「なんじゃこれ!斬新すぎる」「あおってくるねぇ」などといった反応が寄せられている。



 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル