top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

古屋呂敏“崇”のことが好きなのに、大人だからこそ臆病になってしまう長谷川慎“宮田”が切ない<恋をするなら二度目が上等>

WEBザテレビジョン

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・長谷川慎と古屋呂敏がW主演を務めるドラマイズム「恋をするなら二度目が上等」(毎週火曜夜1:28-1:58ほか、TBSほか)の第4話が3月26日に放送された。古屋呂敏“崇”のことが好きなのに、人生経験もしがらみもある大人だからこそ臆病になってしまう長谷川慎“宮田”の気持ちを思うと切なくなった。(以下、作品のネタバレを含みます)

■「恋をするなら二度目が上等」とは

同作は、2018年から2022年まで「Chara Selection」(徳間書店)で連載された木下けい子の同名漫画を原作にした、売れっ子の大学准教授と出版社編集者による“再会ラブストーリー”。初恋相手に十数年ぶりに再会した、素直になれないアラサー男子の現実味あふれる“オトナの恋模様”を描く。

ビジネス誌の編集者で現実思考な30歳・宮田晃啓を長谷川、売れっ子の大学准教授・岩永崇を古屋が演じる他、岩永の助手・白石優人役に高松アロハ、宮田の恋人・福田あこ役に永瀬莉子、宮田に近づく謎めいた男・椙本恭介役に白石隼也が配役されている。

オープニング主題歌は、Melの「コヨイノウタ」。同楽曲は、Melにとって初めてのタイアップ作品で、大人になることでつい慎重になってしまいがちな恋愛の“どこか曖昧な空気感や不安定な距離感”を落とし込んだ楽曲。

エンディング主題歌は、作詞・作曲からダンスの振り付けまでを手掛け、日本語・英語のバイリンガルを武器に挑戦し続けるグローバルアーティスト・Ayumu Imazuの「BANDAGE」。Imazu自身の「絆創膏を剥がすのを遅らせるほど、剥がす時に痛みが増す」という経験から、“バンデージ(絆創膏)”をテーマに、”言いたいことや気持ちはすぐに伝えたい”というメッセージが込められた楽曲となっている。


■宮田と崇は駆け引きだらけの恋を繰り広げる

ビジネス誌・編集者の宮田は、新しいコラムの依頼で大学准教授の崇の元を訪れると、それは高校時代に別れた“初恋相手”だった。とびきりの美形、名家生まれのお金持ち、ものすごい秀才…と、何拍子もそろった崇に、宮田は高校時代夢中で恋をしていた。

そんな黒歴史=過去を封印し、結婚を考える彼女・あこもできた宮田は、崇には「絶対に振り回されない!」と心に誓うが、崇はいろいろな口実をつけて宮田に接近。しかも、崇が助手の白石とも関係を持ったと聞いてしまう。そして、酒に酔った宮田が目を覚ますと、そこは崇の家だった。高校時代の恋人同士だった二人が十数年の時を経て、准教授と編集者として出会ったことで、駆け引きだらけで素直になれない“オーバー30男子”の恋が動き出す。

あるとき、WEB雑誌のリーダーを務めていた宮田は「売上ランキング1位」を獲得し、編集長からお祝いでお酒の席に呼ばれる。しかしどこか寂しさがあり、すっかり酔いがまわると、崇の家へと足が向かう。

■宮田「30になって現実が見え過ぎちゃうから」

宮田は崇の顔を見ると破顔して「先輩、褒めてください」と抱きつく。崇は宮田を偉い偉いとなだめてソファーに寝かせる。「僕に褒めてほしいなんて、ずいぶん好かれたなぁ」と崇が言うと、宮田は目を開けて「そうですよ、たぶん、好きなんです」と言う。

しかし、「だったら…」という崇の言葉を遮って「でも、付き合いませんよ」と宮田。「どうして?」と崇に理由を聞かれると宮田は「もう高校生じゃないから、下手したらすべて失う可能性もある。30になって現実が見え過ぎちゃうから」と言うのだった。

若いときならではの心細さもあるが、いろいろ人生経験をしてしがらみもある大人だからこそ臆病になってしまう宮田の気持ちに共感できて、切なくなった。

◆構成・文=牧島史佳

※高松アロハの「高」は、正しくは「はしご高」

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル