top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

吉沢亮、『PICU』新作SP“北海道ロケ”を振り返る 安田顕と「お寿司屋さんに行けました」

Real Sound

(左から)生田絵梨花、吉沢亮、安田顕

 3月に都内で『PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024』(フジテレビ系)の完成披露試写会及び舞台挨拶が行われた。2022年に吉沢亮主演で放送された連続ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)がこの春、スペシャルドラマとして帰ってくる。それに伴い実施された今回のイベントでは、主演の吉沢をはじめ、安田顕、生田絵梨花、中尾明慶、高梨臨、菅野莉央が登壇。久しぶりの『PICU』チームでの撮影の舞台裏や北海道ロケなどについて和気あいあいと語った。

参考:吉沢亮主演『PICU 小児集中治療室』新作SPドラマ2024年春放送 安田顕、高杉真宙ら再集結

 この日、吉沢は主演として会場後方から登場。観客席のすぐ横の通路から登壇し、会場を盛り上げた。さっそく司会者から、再会した『PICU』チームのことを聞かれた吉沢は「本当に人としても素晴らしい方ばかりですし、プロフェッショナル。現場で一緒にお芝居していて楽しい皆さんですね」と再会を喜んでいた。

 スペシャルドラマでは、吉沢演じる志子田武四郎に後輩ができる。晴れて先輩となる志子田について、吉沢は「先輩としてはあんまり優秀ではない」と辛口評価。「連続ドラマから観てくれている方は、しこちゃん先生のダメなところからの成長をいろいろ感じてもらってきたと思うんですけれど、そこに新たに“先輩”という要素が乗っかると、またちょっとダメなところから始まる」と志子田の先輩ぶりを冷静に解説した。

 そんな志子田について、高梨は「成長していると思います。私は羽生仁子という名の看護師で、患者さんや親御さん先生たちのメンタルをケアして、みんなの背景をちゃんと見ている役。その中で、(羽生は)しこちゃんのことを一人前として認めているんじゃないかと感じました」と感慨深そうに語る。

広告の後にも続きます

  北海道ロケについて聞かれると、吉沢と安田は「寒かった」と口々に話す。だが吉沢は、安田との再会で前回の撮影時にはできなかったことが果たせたと続ける。「今回初めてご飯に行かせていただいて。それこそ連続ドラマの時はコロナ禍でしたから、一回も誰ともご飯に行けませんでしたが、今回ようやくお寿司屋さんに行けました。おいしかったですね」と話し、安田と共にお寿司を食べて北海道ロケを満喫してきたことを報告した。 

●吉沢亮&安田顕&生田絵梨花、新入生や新社会人に向けての“エール”を語る

 SPドラマの放送は4月13日。まさに新生活をスタートさせる時期でもあることから、舞台挨拶の最後には新入生や新社会人に向けてのエールが語られた。生田は「新しいことをスタートさせるって不安や緊張がたくさんあると思います。私たちの仕事も、緊張と戦う瞬間がたくさんあるので、それを自分たちがやることによって、少しでも皆さんの励みになればいいなと思っております。応援しています」と熱いエールを送る。安田からは「私は社会人1年目、医療関係の仕事に就きましたけれど半年で辞めたということがございます。そのときの上司の方から年賀状をいただきまして、『信頼というものは一度失うとなかなか取り戻せません』と。正月からものすごく重たいことがありました。それを肝に銘じて信頼だけは失わないようにしよう、そう思って四半世紀が過ぎましたけれども。新入生、新社会人の皆さん、ギリギリのところで信頼だけは失わない人間関係をよろしくお願いいたします」と体験談も飛び出した。

 最後に吉沢からは「自分の希望通りの道を進んでる人も、そうじゃない人もいらっしゃると思います。どの道を選ぶかというよりは、どうやってその道を歩くかということの方が大事だと思っていて。過去を振り返り、あのときこの道を選んでよかったと思えるかどうかは今の皆様の頑張りだと思います。ぜひ頑張っていただいて、自らがよかったと思える未来にしてください」と熱いメッセージが語られた。

 終始、和気あいあいとした雰囲気の中で、志子田がどれだけチームの中で愛されてきたのかが伝わる会見となった。『PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024』で志子田の成長した姿を観るのが楽しみだ。
(文=Nana Numoto)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル