top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

吉沢亮、患者役の子供たちに優しい気遣い「大丈夫か?って声を掛けたり…」<PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024>

WEBザテレビジョン

4月13日(土)放送の「PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)の制作発表が3月に都内で行われ、主演の吉沢亮、共演の安田顕、生田絵梨花、中尾明慶、菅野莉央が登壇。スペシャルドラマとして復活することへの思いの他、北海道での撮影の裏話、新生活を始める人々へのエールなどを語った。

■「PICU 小児集中治療室」がスぺシャルドラマとして復活

「PICU 小児集中治療室」は、2022年10月期に月9ドラマとして放送。北海道のPICUを舞台に、しこちゃん先生こと駆け出しの小児科医・志子田武四郎(しこた・たけしろう/吉沢)が幼い命を救うために奮闘しながら、医師として、人間として成長していく姿を描いたメディカル・ヒューマンドラマ。

PICUとは、小児専門の集中治療室のことで、いわば“子どものためのICU”だ。連ドラでは、「大規模なPICUの運営は極めて困難」とされる広大な北海道で、武四郎が丘珠病院PICU科長・植野元(安田)ら先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、ドクタージェットの運用を実現するために奔走する姿が描かれた。

今回のスペシャルドラマは、武四郎がPICUに配属されて約1年後の丘珠病院を舞台に描かれる。後期臨床研修でやってきた2人の研修医・瀬戸廉(小林虎之介)と七尾乃亜(武田玲奈)を見ることになった武四郎。先輩らしい姿を見せたいところだが、研修医の2人は頼りない武四郎のことを小ばかにし、そっけない態度を取られてしまう。

■吉沢「(武四郎は)ずっとかわいそうな男だな、と思いながら演じていました(笑)」

スペシャルドラマとして復活することについて、吉沢は「スぺシャルドラマとして皆さまの前に戻ってくることができてうれしく思っています」と喜びを語り、「連続ドラマの時から、笑いが絶えないすごく温かい現場だったので、キャストの皆さんやスタッフの皆さんに再び会えることがうれしかったですね」と優しい笑顔を見せる。

さらに、今作では武四郎に後輩ができるということで、武四郎の先輩ぶりについて問われると「先輩としてはあんまり優秀ではない…、連続ドラマから見てくださっている方は、しこちゃん先生のだめなところからの成長をいろいろと感じてくれたと思うんですけど、新たに先輩という要素が加わることで、またちょっとだめなところから始まるっていう…。ずっとかわいそうな男だな、と思いながら演じていましたね(笑)」と述べた。

■吉沢&安田、極寒の北海道ロケを振り返る「寒いというより、痛いでした」

また、今作でも北海道での撮影を敢行。吉沢、安田、菅野は、真冬の北海道にロケに行ったという。吉沢は「めちゃくちゃ寒かったです。寒いというより、痛いでしたね」と振り返り、安田も「(吉沢と)二人で薄着で雪山を登るシーンがあったのですが、こんなに薄着で登る北海道の人いないよ!と思って…。でも、監督が『いい画だ~!』っておっしゃるものですから、そうか~と思ってやっていましたけど、寒かったねぇ…」と過酷な撮影の裏話を明かした。

そんな撮影の合間には、一緒に食事に行ったそうで、吉沢が「あのお寿司屋さんおいしかったですね」と言うと、安田も「ね、おいしかったぁ~!」と全力で同意。あまりに気持ちが込もった返答に、会場では思わず笑いが起こる。続けて、安田は「出てくるもの全てがおいしくて、次の日は顔がパンパンでした(笑)」と満足そうな顔で語った。

■武四郎ら幼なじみ4人の関係性は「すごくうらやましい」

前作から引き続き、武四郎の幼なじみで同じ丘珠病院で働く小児外科医・河本を演じる菅野は、武四郎との関係について「すごくうらやましいなと思います。こんなにも気を遣わない関係って、信頼関係がないとできないと思うので…。そういう存在が職場にもプライベートにもいるというのは、すごく心強いだろうなと思います」とコメント。

吉沢も「男女4人の幼なじみが、この歳までずっと仲がいいっていうのはなかなかレアなケースじゃないですか。相当いい関係性なんだなと思いますし、これからも続いていってほしいなと思いますね」としみじみとした表情を見せる。

また、同じく武四郎の幼なじみで、現在は一児の母である桃子を演じる生田。桃子について「(結婚、出産、育児の)どれも経験をしたことはないので、撮影前は“子育てか~、どうしたものか…”と思っていたのですが、(桃子と)同じくらいの歳の子がいる仲良しのスタッフさんにいろいろ教えてもらって演じました」と、役作りの方法を明かす。

娘・南々子役を演じる子役の子との演技については「(子役の子は)ほとんど自由演技で、予想外の動きをしたり、声を出したりするので流れ通りにいかないこともあったのですが、ママとしてリアルにやらせてもらって、子育てをちょっとだけ覗けたような気がして勉強になりました」と優しい笑顔を見せた。

■吉沢から子供たちへの素敵な気遣い「“大丈夫か?”って声を掛けたり…」

作品柄、子供たちとの共演も多い吉沢は、患者役の子供たちと接するにあたり「子役の子たちは一日中ベッドで寝ていたり、全く映っていなくてもベッドにいなければいけなかったりするので、時々“大丈夫か?”って声を掛けたりしていました」と明かす。

さらに「ロケなどで(子供たちが)運ばれるときは、北海道のめちゃくちゃ寒い中、ベッドに寝かされて運ばれていくので、その時は耳にカイロを当てたりもしていました」と優しい表情を見せる。

これに、安田は「この物語は、志子田武四郎先生と吉沢亮さんが主役なんですけど、もう一人の主役は間違いなく子供たちですね」とうなずいた。

■「医者が抱えている葛藤を丁寧に描いていることがこの作品の良さでもある」

また、本作が描くメッセージについて、吉沢は「作品自体はフィクションなので、実際にこういう活動をしていらっしゃる方の覚悟には何もかなわないですが、どこかでこの作品もお力添えできていたらうれしいし、演じた意味があるなと思います」とコメント。

さらに「医者のかっこいい姿だけではなく、医者が抱えている葛藤などを見ていただくことで、“手術をして人を救っているのは同じ人である”ということを感じてほしいです。また、そういう部分を丁寧に描いていることがこの作品の良さでもあると思うので、いろいろな人に見ていただきたいですね」と述べた。

4月放送ということで、新生活をスタートする方へのエールも。吉沢は「自分の希望通りの道を進んでいる人も、そうでない人もいらっしゃると思います。どの道を進ぶかというよりも、どうやってその道を歩くかという方が大事だと思うので、今頑張って、良かったなと思える選択にしてください。応援しております!」と力強く語った。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル