top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

SixTONES 京本大我、ウブでポンコツな“渋谷くん”に共感 「俺を題材にしているのかな?」

Real Sound

『お迎え渋谷くん』©︎カンテレ

 園児のお迎えに来たのは、今をときめく若手イケメン俳優だったーー。妹に過保護で恋を知らないイケメン俳優と、仕事一直線なマジメ保育士が織りなす“うぶキュンラブコメディ”『お迎え渋谷くん』(カンテレ・フジテレビ系)が、4月2日にスタートする。

参考:京本大我のギャップを宮近海斗が称賛 『お迎え渋谷くん』で「まったく違う人になっている」

 本作で主演を務めるSixTONESの京本大我と、ヒロインの田辺桃子が取材に応じ、作品への想いを語った。

――お二人は今回が初共演ということで、お互いの印象を教えてください。

京本大我(以下、京本):作品を観させていただいて、すごく真摯に向き合ってお芝居をされている方だなという印象がありました。いつかご一緒できたらいいなと思っていたので、こんなに早く共演することができてうれしいです。お会いするのは今日で2回目なのですが、カメラ好きという共通点が見つかって。田辺さんの方がお詳しいので、現場で余裕が出てきたらカメラを教えてもらえたら嬉しいです。ほかにも、好きなドラマが同じだったりとか、共通の知り合いもいたりして。

広告の後にも続きます

田辺桃子(以下、田辺):共通点が多いからか、いい意味で初めてという感じがしなかったです。ただ、京本さんは渋谷大海と同じように、ステージ上で輝いているスターという印象があったので、どんな感じになるのかはまったく想像がつかなかったですね。だからこそ、ワクワクしました。

京本:僕はちょっと人見知りなんですけど、田辺さんは……?

田辺:私はまったく。逆に、まわりに人見知りの方が多いので、結構話しかけちゃうタイプで(笑)。

京本:だからかもしれないです。どちらかというと、扉を開けてもらっている感覚で。僕は、相手から来てもらえると、めちゃくちゃ喋れるので!

――それぞれ、演じられる役柄はご自身に似ていますか?

京本:渋谷くんは、仕事はストイックにこなしているけれど、プライベートではウブだったり、ポンコツな部分もあるキャラクターなんです。僕も、抜けているところが多いと指摘されることがあるので、そういう部分は似ているなと思います。あとは、ファッションに疎いところも似ていますね。渋谷くんと同じく、ジャージを着ることも多いし、下駄風サンダルを履くこともあります。恋愛面に関しても、似ているところが多くて(笑)。女性へのアプローチが変な感じになっちゃうところとか。小中学生のときなんかは、連絡先をゲットできただけで「脈アリじゃん!」と思ってしまうタイプだったので。「俺を題材にしているのかな?」と思うくらい、リンクしている部分が多いです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル