top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『カーボンファーミング』について、下川哲教授の解説を紹介!脱炭素事業推進協議会の笠原理事長からの提言も

YESNEWS

一般社団法人脱炭素事業推進協議会は、農業の未来を塗り替え、地球温暖化の防止に貢献する『カーボンファーミング』のポテンシャルと、地域社会に根ざした持続可能な未来への鍵としての活用方法について、カーボンニュートラル社会研究教育センターの下川哲教授が解説を公開した。

さらに、一般社団法人脱炭素事業推進協議会の笠原理事長からの提言も交えて、その可能性を探っている。

【主なコンテンツ】

・カーボンファーミングの概要と主な手法

カーボンファーミングとは、農地土壌の改善などを通して、より多くの大気中の二酸化炭素(CO2)を土壌や作物の中に閉じ込めることで、大気中のCO2を削減することを目的とした農業形態を指します。具体的には、緑肥の積極的な活用や堆肥の効果的な利用など、土壌の炭素固定能力を向上させる様々な方法が含まれます。これらの手法は、土壌の健康を改善しつつ、地球温暖化の緩和に貢献することが期待されています。このような取り組みは、農業分野だけでなく、地球全体の持続可能な未来に向けた重要な一歩となるでしょう。

広告の後にも続きます

・国内外のカーボンクレジットの事例

カーボンクレジットとは、温室効果ガス排出の削減量や吸収量を国などが認証することで生み出されるクレジット(信用による価値)のことで、これらクレジットを排出権として企業などが売買する市場のことをカーボンクレジット市場と呼びます。例えば、アメリカのアグリテック企業であるIndigo Agricultureは米国や南米の農家にカーボンファーミングを導入し、それら農家からカーボンクレジットを買い取り、それらクレジットを排出権として企業などに売っています。また、EUでは政府による農家への支援策としてカーボンクレジットの活用が検討されています。

・日本の地方における課題について

日本では、カーボンクレジット制度の導入が進んでいますが、欧米とは異なる日本特有または地方特有の様々な課題が存在します。特に、日本は欧米に比べて水田が多いことや、小規模農家が多い、地域差が大きいなどの問題が挙げられます。これらの課題への対策として、地域ごとの特性を考慮したアプローチが求められています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル