top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

旅先で出会ったオランダ人夫婦からの招待状 それは悪夢のはじまりだった 「胸騒ぎ」場面写真

映画スクエア

 2024年5月10日より劇場公開される、デンマークのクリスチャン・タフドルップ監督最新作「胸騒ぎ」から、新たな場面写真が公開された。

 場面写真は、すべての物語の始まりである“オランダ人夫婦からの招待状”を手に取る、デンマーク人夫婦の妻ルイーセの姿をとらえたもの。招待メッセージはイタリア旅行で撮影された写真の裏側に書かれており、笑顔で両家族が写っている。その写真からはどこか不穏な雰囲気が漂っている。このあと、週末だけのつもりで再会を約束したビャアン一家に、悪夢が待ち受ける。

 本作のメガホンをとったのは、デンマーク出身のクリスチャン・タフドルップ。俳優としても才能を発揮してきたほか、映画監督としては、監督・脚本・主演を務めた短編「The Copier(英題)」でデビューし、その後も監督のみならず脚本執筆にもこだわり、ほぼすべての監督作品で脚本も担当してきた。長編3作品目となる「胸騒ぎ」では、実体験に着想を得て脚本を執筆。ブラムハウス・プロダクションズが本作にほれ込み、ジェームズ・マカヴォイ主演でリメイク版の製作が決定している。

 「胸騒ぎ」は、ある善良な家族が過ごす悪夢のような週末を描いたホラー。イタリアでの休暇中に、デンマーク人夫婦のビャアンとルイーセ、娘のアウネスは、オランダ人夫婦のパトリックとカリン、その息子のアーベルと出会い、意気投合する。数週間後、パトリック夫婦からの招待状を受け取ったビャアンは、家族を連れて人里離れた彼らの家を訪ねるが、会話のなかでささいな誤解や違和感が生まれていき、それはだんだんと広がっていく。彼らの「おもてなし」に居心地の悪さと恐怖を覚えるも、好意をむげにできず、週末が終わるまでの辛抱だと自分たちに言い聞かせる。

 監督・脚本(共同)を務めるのは、俳優としても活躍するデンマークのクリスチャン・タフドルップ。第38回サンダンス映画祭でワールドプレミア上映され大きな話題になり、本国デンマークのアカデミー賞と称されるロバート賞では11部門にノミネート。ブラムハウス・プロダクションによって、ジェームズ・マカヴォイ主演によるリメイク版の製作も決定している。

広告の後にも続きます

【作品情報】
胸騒ぎ
2024年5月10日(金) 新宿シネマカリテほか全国公開
配給:シンカ
© 2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures

 
   

ランキング(映画)

ジャンル