top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「令和の虎」岩井社長が社長退任を報告 今後は同志社大再入学めざし受験勉強か

yutura

ビジネスリアリティー番組「令和の虎」(登録者数114万人)を主宰する岩井良明社長が、社長退任を報告しました。

34年務めた社長職を退任

3月30日、岩井は自身のX更新し、

34年間務めた社長職を本日を持って辞することになりました

と報告。29歳で社長となって以来、「今日まで本当に波乱万丈の社長人生 よくも会社を潰すことなくここまで来れたものだ」と振り返り、これまで自身を支えた人々に感謝の言葉を述べました。

岩井はリクルートの営業、塾講師を経て1989年に愛知県で学習塾を開校。現在は、学習塾を運営する株式会社モノリスの会長、教育業界に主軸をおいた広告代理店の株式会社MONOLITH Japanの社長を務めるほか、芸能事務所のイエローキャブのオーナーに就任していることが知られています。

岩井は、2002年からは日本テレビの『マネーの虎』に“虎”としてレギュラー出演しており、2018年にYouTubeチャンネル「令和の虎」を立ち上げました。

同志社大学再入学のため受験勉強か

広告の後にも続きます

本ポストで岩井は退任に至った詳しい経緯を明かしていませんが、昨年5月、岩井は「受験生版Tiger Funding」(同40万人)に自ら志願者として出演した際、2024年3月末をもって令和の虎を制作・運営しているモノリスジャパンの代表取締役社長を辞めると宣言していました。

岩井は、65歳になったら母校である同志社大学に再入学し、自身が在学していた頃のような応援団を復活させたいと訴えていました。岩井は2025年度の一般入試を受験する考えで、社長を辞めてから1年間は勉強すると話しており、希望金額の100万円も手にしていました。そのため、今後は大学受験に向けて勉強し、準備を進めるものと考えられます。

SNSでは「長い間本当にお疲れ様でした」「受験頑張ってください」といった労いと応援の声が寄せられています。

 
   

ランキング(動画)

ジャンル