top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

こどもの死を究明する「CDR」で安全が保障される世の中に。取組について訊く

マガジンサミット

こどもの死についてあまり解明されていない。

21年度の子どもの虐待死は74人であるが、全ての虐待死を検証できているわけではないようだ。

日本小児科学会 予防のための子どもの死亡検証委員会委員長であり、こども家庭科研「子どもの死を検証し予防に活かす包括的制度を確立するための研究」班代表も務める名古屋大学医学部附属病院救急・内科系集中治療部の沼口敦氏にCDRについてお話を伺った。

 

CDRとは「チャイルド・デス・レビュー」の略語であり、こどもの死因について情報を集め、検証し、提言する取組。今後こどもたちが安全に暮らせる社会につなげていくことを目的としている。

広告の後にも続きます

病気が原因でこどもが亡くなった場合は死因が判明しているが、死因がはっきり分かっていないこどもの死亡も多い。死亡の原因や死をとりまく状況を解明し発信していくことは、これから先に起こりうるこどもの死亡を未然に防ぐことができるという沼口氏の見解だ。

 

なぜ死んでしまったのかを情報を集め、検証、効果的な予防策を世に発信していくことで、将来のこどもたちの安全につながっていく。「検証」といっても過去に起きた真実を明らかにするということではなく、ここから将来安全な世の中にしていけるように何を学び取るかということに重点を置いていると沼口氏は語った。

こどもの死を他人事ではなく、自分ごととして捉えて行動してもらえることが、こどもの安全につながる。これまでこどもの死について正面から語る機会は少なく、CDRは他人事に見えやすい事業である。自分ごととして捉えにくいため理想と現実が乖離している取組であることが課題点だとあげていた。

 

また、死因究明とCDRの違いについて沼口氏は説明した。死因究明とは、こどもが亡くなった際に、医療機関や生前関わっていた学校、児童相談所などの情報から死因について調べる取組といえる。いっぽうCDRは、死因究明の結果をもとに予防策を考えて、今後に活かしていくという、いわば「出口戦略」とも言える。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル