top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

やさしい女性が弱ったハリネズミと思って保護し一晩中看病、病院で驚きの事実が発覚

カラパイア


 心優しいその女性は道端でうずくまっているハリネズミを発見した。と思っていた。そのままやさしく拾い上げ、餌と水を用意し元気になるよう祈りながら一晩を過ごした。だが翌日になっても全く動かない。

 心配した女性は野生動物病院に急いで連れて行った。そこで驚きの事実が発覚する。女性がハリネズミだと思って保護したものは、ハリネズミではなかったのだ。

 生き物ですらない。なんとそれは…



弱っているハリネズミと思って保護した女性

 イギリス北西部、チェシャー州に住む動物好きな心優しい女性は、道路脇でうずくまっているハリネズミらしきものを発見した。触ってみると冷たくなっている。これは大変と、拾い上げてすぐに保護した。

 家に連れて帰ると、暖かくて暗い場所にスペースを作り、キャットフードと水を与えた。彼女はハリネズミにストレスを与えないよう、のぞき見しないようにした。

 女性はハリネズミの回復を祈るように遠くから見守っていたが、ハリネズミは一晩中動かず、餌も全く手を付けなかった。排便もしていない。

 心配になった女性は、箱に毛布をしき、ハリネズミを入れると、ローワー・モス・ウッド自然保護区にある野生動物病院に急いで連れて行った。

弱っているハリネズミはいなかった。ニット帽のボンボンだった

 獣医のジャネット・コッツェさんは、箱を開けるとすぐに理解した。そして女性に衝撃の事実を伝えなければならなかった。

 女性がハリネズミと思っていたのは、ニットの帽子のてっぺんにくっついているボンボンだったのである。

 コッツェさんによると女性は60~70代のとても丁寧な話し方をする人だったという。彼女は帽子のボンボンを弱ったハリネズミだと思い込んでいたのだ。

「私たちにとっては一目でわかりましたが、彼女が間違えた理由も理解できます」とコッツエさんは語る。

「非常に申し訳ないのですが、それはただの帽子からとれたボンボンですよ」と説明したところ、女性は驚き、恥ずかしそうに「冗談でしょ?あらやだ、どうして私はそんな間違いをしてしまったのかしら」と語ったという。

 女性は純粋な気持ちから困っている動物を助けたかったのだ。助けようという思いが強かったため、あまり刺激しないようにしっかりと触ったり、視線を向けることを控えていたのだ。

 それほどまでに愛情深い女性を誰が責めることができよう。

病院側は女性の動物を思いやる気持ちにぐっとくる

 実際にハリネズミは、イギリスでは農薬の使用や生息地の喪失のために近年個体数が減少している種の1つだ。

 病院のスタッフはFacebookにこのことを投稿し、こう呼びかけている。
私たちの心は溶けました。やさしい魂を持った人がハリネズミの子が弱っていると思い込み病院に連れてきましたが、実は帽子のふわふわしたポンポンだったのです。

この愛らしいハリネズミもどきは、人間の大きな愛を受け取りました。

親切に限界はありません。例えそれが偽の毛皮の友だちであっても、昼間に夜行性のハリネズミを見かけたら、何か良くないことが起きている兆候です。

箱に入れて温かい場所を提供し、地元の獣医に助けを求めましょう。私たちのとげとげの友達を助けましょう
References:Kind woman’s rescued baby hedgehog turns out to be something else entirely / Animal-lover rushes sick baby hedgehog to vet — only to find out she’s been caring for a hat pom-pom / written by parumo

 
   

ランキング(動画)

ジャンル