top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新感覚の音楽体験 [Alexandros]がデジタルとリアルを融合した圧巻のステージを披露

YESNEWS

本日28日(金)、TOKYO NODE HALLにて、auならではのテクノロジーを活用した新しい音楽体験ができるライブ『au デジタルツインライブ』が開催された。

”通信のツナグ”力で音楽の可能性を広げていく音楽プロジェクトの一環であり、物理的な距離や心理的なハードルを通信の力で繋ぎ、誰もがボーダレスに音楽を楽しめる社会の実現を目指している。

第一弾のゲストとして [Alexandros]が登場し、パフォーマンスを披露。リアルとデジタルのボーダーを超えた、臨場感没入感のある音楽体験を楽しむために、当日は合計200名(リアル会場100名デジタルツイン会場100名)のファンも招待された。

本ライブが開催されたのは、森ビル株式会社が運営する虎ノ門ヒルズステーションタワー「TOKYO NODE」の46階に位置するメインホール「TOKYO NODE HALL」というリアル会場。森ビルとKDDI株式会社が共同で開発し、3月28日から運用を開始した「TOKYO NODE DIGITAL TWIN HALLーRESPECT YOU ,au」のデジタル会場、そしてYouTube Live配信の3方向からのライブ参加が可能となっている。

MCより挨拶、今回のライブの説明が終わり、[Alexandros]のライブがスタート。Stimulator、Girl A、todayyyyyyの3曲を披露した。

広告の後にも続きます

その後メンバーが登壇しトークセッションが行われた。まずは、ボーカルの川上が「この距離とこの雰囲気でのライブはレア。もっと夜景の綺麗さに合わせた曲をやればよかった」と口に。今回メンバーたちはデジタルツインライブがどのようなライブになるのか事前に知っておくと、トークの時のリアクションが取りづらくなると思いリハ中などでもデジタルツインホールを見ないようにしていたそう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル