top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

はじめしゃちょー、「24時間横断歩道生活」に挑戦 「トップレベルで生活はキツかった」

yutura

3月28日、「はじめしゃちょー」(登録者数1080万人)が「【危険】24時間横断歩道の上で生活してみたwwwww」を公開しました。

過酷な“24時間生活”

丸1日同じことをし続ける“24時間チャレンジ”動画でも知られるはじめしょちょー。これまでに、1日をエスカレーターの上で過ごす「【危険】24時間エスカレーター生活してみた。」や、1日記者からの質問に答え続ける「【精神崩壊】24時間インタビュー生活してみた。」などを公開しています。

今回は、24時間横断歩道の白線の上で過ごす「横断歩道24時間生活」に挑戦。はじめしゃちょーは、「誰よりも横断歩道のすばらしさを理解しよう」との思いからチャレンジに至ったとのことですが、行動範囲の狭さに「かなりヤバそう」と弱気にコメントします。

企画に使用する横断歩道は公道ではなく、休校日の自動車教習所内にあるもので、はじめしゃちょーは「せっかくだったら」と車に乗り、貸し切り状態の場内を「あぁぁぁ~!」「ふぉ~!」と叫び声を上げながら暴走。急ハンドルや信号無視といった豪快な運転をすると、「これがイリーガルな世界か」「24時間生活前にストレス発散できて気持ちかったわ」と笑顔を見せました。

横断歩道の上で生活

そして24時間生活を開始したはじめしゃちょー。開始早々暇を持て余したようで、横断歩道を行ったり来たりする他、立ち幅跳びやサイドステップなどをして時間をつぶしました。途中雨脚が強まったこともあり、はじめしゃちょーは、「発狂しそう」「なんか苦しくなってきた、精神が」「なんでこんなことしてんだろ」と過酷さを伝えています。

広告の後にも続きます

10時間が経過した頃、誰も通るはずのない道路に突然人や車が行き交いはじめます。スタッフから「今から1時間、普通の道路になります」と告げられたはじめしゃちょーは「堂々としてましょう、もう逆に」と開き直り、横断歩道の真ん中に座ることに。しかし、目の前を車がすれ違ったり、通行人に「こんなとこ座ってんじゃねぇよ」とぶつかられたりと、リアルさ満点の再現に「交通があると怖かったっすね」とおびえる様子です。

なお、24時間生活中は3時間が経過するごとに1回サイコロを振り、出た目によって「サービス」が受けられる仕組みが取り入れられました。これにより食事タイムを手に入れたはじめしゃちょーは、焼肉を要望。

おそらく史上初、横断歩道で焼肉食う男です!

と焼肉をほおばりました。また、終盤には「教習所で飲むビールが一番うめ~」と、横断歩道の真ん中に設置したこたつでビールを飲む場面もありました。

最後は、10℃前後の低い気温の中、1時間シャトルランのミッションを達成して企画を終了。シャトルランの途中からは土砂降りとなりましたが、はじめしゃちょーは達成感からか、雨すらも「最高の感じでした」とコメント。今回の24時間生活については、衣食住全てがそろった“生活”だったといいますが、

今までやってきた中でトップレベルで生活はキツかったような気がしました。寒すぎて寝ることもできない。寝た時は多分本当に死ぬ時なんだと思いました

と振り返っています。

コメント欄には、「久しぶりの24時間生活待ってました!とっても嬉しいです」「雨の中シャトルランやり切るの根性ありすぎて尊敬」といった感想が寄せられています。

YouTube
 
   

ランキング(動画)

ジャンル