top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

仲間の嫉妬と裏切り 仕組まれたワナによってパティシエをクビに 「パリ・ブレスト」本編映像

映画スクエア

 2024年3月29日より劇場公開される、22歳でパティスリー世界選手権のチャンピオンに輝いた、若き天才パティシエのヤジッド・イシェムラエンの自伝を元にした映画「パリ・ブレスト ~夢をかなえたスイーツ~」から、本編映像の一部が公開された。

 映像は、仕事仲間の嫉妬と裏切りによって、勤務していたホテルを主人公のヤジッドがクビになってしまう様子が捉えられている。人知れぬ努力と才能を武器に、今や憧れのシェフからその存在を気にかけてもらうまでになっていたヤジッド。だが、キッチンを見回っているシェフが腐ったフルーツを見つけ、管理担当がヤジッドであることが判明する。仕事仲間のねたみによって仕組まれたワナだったが、その事実はシェフに伝わらず、「腕はいいが最低のシェフだな」とヤジッドはキッチンを追い出されるハメになり、理不尽な叱責(しっせき)を受けたヤジッドは、犯人に殴りかかっていく。

 だがクビは翻らず、ヤジッドは失意のどん底に落ちる。本作のセバスチャン・テュラール監督は「ヤジッドはファイターであり、常に自分自身に挑戦し、評価と正当性を求めている」「彼は常に自分自身に何かを求めているし、失敗から学ぶことができる。星を取ることはできても、取り続けることは困難だ。そこに到達することよりも、トップに留まり続けることの方が重要なんだ」とコメントするように、職を失ったあと、実際にホームレスとして生活しながらも再びはい上がった実際のヤジッド本人にもつながっていくシーンとなっている。。 

 「パリ・ブレスト ~夢をかなえたスイーツ~」は、ビターな少年時代を過ごした孤独な青年が、極上のスイーツで奇跡を巻き起こす物語。育児放棄の母親を持つ少年ヤジッドにとって唯一の楽しみは、里親の家で食べる手作りのスイーツだった。いつしか自らが最高のパティシエになることを夢みるようになったヤジッドは、敷居の高いパリの高級レストランに見習いとして雇ってもらうチャンスをつかみ取る。偉大なパティシエたちに従事し、厳しくも愛のある先輩や心を許せる親友に囲まれ、夢に向かって充実した日々を過ごすヤジッドだったが、彼に嫉妬する同僚の策略で、突然仕事を失うことになる。だが、持ち前の情熱でパティスリー世界選手権への切符をようやく手に入れる。

 主人公を演じたのはTikTokで6600万人のフォロワーを持つ映像クリエイターのリアド・ベライシェ。本作に出演するために料理の集中講座を受け、ヤジッドから直々にパティスリーの創作を伝授してもらいながら役づくりをした。美しく華麗なデザートは、ヤジッド本人が監修した。監督は本作が長編監督デビューとなるセバスティアン・テュラール。

広告の後にも続きます

【作品情報】
パリ・ブレスト ~夢をかなえたスイーツ~
2024年3月29日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
配給:ハーク
(C)DACP-Kiss Films-Atelier de Production-France 2 Cinéma

 
   

ランキング(映画)

ジャンル