top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「魔界村」の着信音 監督の日本愛が炸裂 「マンティコア 怪物」本編映像

映画スクエア

 2024年4月19日より劇場公開される、劇場デビュー作「マジカル・ガール」でサン・セバスチャン国際映画祭グランプリ&監督賞をダブル受賞したスペインのカルロス・ベルムト監督最新作「マンティコア 怪物」から、ゲーム「魔界村」の着信音から始まるシーンの、本編映像が公開された。

 街中を散歩するゲームデザイナーのフリアンのもとに、人事部から新プロジェクトについての電話が入る。通常なら別の部署の人間から連絡が来るはずのため、不審に思いながら出社するフリアン。だが、顔見知りの受付スタッフは目を合わさず、同僚に声を掛けても返事すらない。人事部の部屋に入ると突然、「我が社はこの問題に対して細心の注意を払って対処する」と宣告される。「魔界村」の着信音に、カルロス・ベルムト監督の日本愛が感じられるシーンとなっている。

 犯罪とそうでないものを分けるモラルの一線について描いた本作。カルロス・ベルムト監督は「フリアンはその一線を越えることを避けようとしていて、それが彼の背負っている苦行でもある。私は人間という複雑な存在に興味があるし、必ずしも良い面ばかりではないことも理解している。そうでなければ物語の中で起こる多くの葛藤は起こらないし、起こったとしてもそれはそのキャラクターに対する罰となるのだから」と語っている。

 「マンティコア 怪物」は、空想のモンスターを生み出すゲームデザイナーのフリアンを主人公とした、人間の心の闇に踏み込んだアンチモラル・ロマンス。同僚の誕生日パーティーで美術史を学ぶディアナに出会うフリアン。内気で繊細な性格のフリアンだが、聡明でどこかミステリアスなディアナに魅かれていく。しかしフリアンは、隣人の少年を火事から救った出来事をきっかけとした、原因不明のパニック発作に悩んでいた。やがて彼が抱えるある秘密が、思いもよらぬマンティコア[怪物]を作り出してしまう。

 タイトルの「マンティコア」とは、頭が人間で体がライオンという形状の想像上の怪物のこと。日本の漫画、アニメ、映画をこよなく愛するカルロス・ベルムト監督は、架空の日本アニメ「魔法少女ユキコ」に憧れる白血病の少女をめぐる物語だった「マジカル・ガール」に続き、本作の主人公のフリアンも日本オタクのキャラクターとして描かれている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
マンティコア 怪物
2024年4月19日(金)シネマート新宿、渋谷シネクイントほか全国順次公開
配給:ビターズ・エンド
©︎Aquí y Allí Films, Bteam Prods, Magnética Cine, 34T Cinema y Punto Nemo AIE

 
   

ランキング(映画)

ジャンル