top_line

3位杉咲花!実は二世だった驚きの女性芸能人とは!?

JOOKEY

社会にはさまざまな職業があり、業界がありますが、入口が広く開け放たれていない業界ほどその仕事に就くためには、コネクションが有利になる傾向があるようです。

たとえば政治の世界。これも入口が狭い業界でしょう。父や祖父、ときには母や祖母、近しい親戚などの選挙地盤をそのまま引き継ぐことで、「二世議員」と呼ばれる人が目立つようです。
芸能界もまた、入口が狭い業界。昔も今も、二世タレントがよく見られる傾向にあります。

そこで今回は、10~40代の男女を対象に「実は二世だったと知って驚く女性芸能人」について選択形式のアンケート調査を実施。結果をランキング化してみました。

■質問内容

実は二世だったと知って驚く女性芸能人は誰ですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:長澤まさみ(父:長澤和明) 34.0%
1位:相武紗季(母:朱穂芽美) 34.0%
3位:杉咲花(母:チエ・カジウラ) 29.0%
4位:大原櫻子(父:林田 尚親) 22.0%
5位:井上和香(母:嵯峨京子) 18.0%
6位:中川翔子(父:中川勝彦) 16.0%
7位:杏(父:渡辺謙) 15.0%
8位:吹石一恵(父:吹石徳一) 11.0%
9位:趣里(父:水谷豊) 8.0%
10位:山本未来(父:山本寛斎) 4.0%

■「驚き」の理由は2パターン?

その人が「二世」とわかって驚かされるケースには、たとえば二つのパターンが考えられます。
一つは、一世すなわちその人の父や母が、意外な大物芸能人だったことがわかって驚かされるパターン。このパターンでは、本人が「大物芸能人の子ども」だということを隠してデビューしているケースが多そうです。
もう一つは逆に、その人の父や母がそう有名ではない・なかったにもかかわらず、二世認定されてしまっていることに驚かされるパターンでしょうか。
こちらは、なにやら「ほじくりすぎ」ではないかと感じることもあります。

●1位 長澤まさみ

1位に入った長澤まさみさんの父親は、日本代表に選ばれたこともあるサッカー選手で、ジュビロ磐田の監督を務めたこともある人物です。
サッカー選手と芸能人とは、住む業界が違いすぎることから長澤まさみさんを二世芸能人と呼ぶのは苦しいところですから、長澤まさみさんの場合は、「二世認定されてしまっていることに驚かされるパターン」といえるでしょう。

●2位 相武紗季

2位に入った相武紗季さんも同様で、「二世認定されてしまっていることに驚かされるパターン」になるでしょうか。母親の朱穂芽美さんは元タカラジェンヌですが、同じ芸能界でも宝塚歌劇団は、たとえ所属していてもコネクションなどは駆使できそうにない特別あるいは特殊な世界です。
また、当の朱穂芽美さんが宝塚歌劇団で台頭したといえる方ではないことも、「二世認定されてしまっていることに驚かされるパターン」に相武紗季さんを分類したくなる理由の一つです。

●7位 杏

では「父や母が意外な大物芸能人だったことがわかって驚かされるパターン」はというと、ランクインした中では渡辺謙さんを父親に持つ杏さんが筆頭株かもしれませんね。デビュー当初は、渡辺謙さんの存在をひた隠しにしていたとされます。

■今後の注目株は?

あえて選ぶなら、水谷豊さんを父親に持ち、伊藤蘭さんを母親に持つ趣里さんでしょうか。とりわけ2018年は露出が目立ちました。今後にも期待です。

 

 

HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング

ジャンル