top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ジョン・レノンと”失われた週末”を過ごした女性とは? ドキュメンタリー 日本版予告

映画スクエア

 2024年5月10日より劇場公開される、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが別居していた1973年秋からの18カ月を追ったドキュメンタリー映画「ジョン・レノン 失われた週末」の、日本版予告編が公開された。

 予告編は、「史上最高のセッションだ、いくぞ」というジョンのかけ声に続き、「ポールとジャムったし、あの頃いろいろやったよ」と語るジョンの映像、ビートルズ解散後の貴重なポール・マッカートニーとのツーショットが披露。ジョンと元ビートルズのリンゴ・スター、エルトン・ジョン、デヴィット・ボウイらのプライベートショットが紹介されていく。

 そして、声優の加瀬康之による「1973年、ビートルズ解散後のジョン・レノン。オノ・ヨーコと別居していた「失われた週末」と呼ばれた18カ月。音楽的にも花開いたこの時期、ジョンはどこで何をしていたのか?」のナレーションが聞こえ、50年の時を経て明らかになる、真実の物語の始まりを告げる。そこに、ジョンとヨーコの個人秘書を務めていたメイ・パンが登場。「ヨーコは彼を操る策を見つけた」「 “ジョンとうまくいっていないの。あなたボーイフレンドいないわよね。彼と付き合って”」と告げられたと明かす。ヨーコの発案で始まった「失われた週末」と呼ばれる時期をともに過ごした彼女は、「ヨーコの奇妙な発想は理解を超えていた。ヨーコは2週間しか続かないと思ってたけど、私たちは大恋愛に」と語り、ジョンと熱烈なキスを交わす衝撃の写真も披露される。

 さらには、「楽しみだったし、喜びだった。父さんとメイとの幸せな時間」と証言する、ジョンと最初の妻シンシアの息子であるジュリアン・レノンの姿も。メイの助けを借りて父と再会を果たした彼は、海水浴や遊園地を楽しんだ父ジョンとの思い出を明かしている。最後は、本邦初となるプライベートな写真の数々が紹介され、ジョンが「僕にとってたった1つの答えは“愛”だ」と語る映像で締めくくられる。

 「ジョン・レノン 失われた週末」は、ジョンがヨーコの強い希望でメイと過ごすことになった1973年秋から75年初頭にかけての18カ月間について、ジョンとヨーコの個人秘書で、プロダクション・アシスタントを勤めていた中国系アメリカ人のメイ・パンの証言によって描くドキュメンタリー。

広告の後にも続きます

 ジョンはこの間、メイの助けを借りて、最初の妻シンシア・レノンとの長男ジュリアン・レノンと再会。アルバム「マインド・ゲームス」や、エルトン・ジョンをゲストに迎えて全米シングルチャート第1位を獲得した「真夜中を突っ走れ」を含む「心の壁、愛の橋」、自らの原点に立ち返る「ロックン・ロール」を創作。デヴィッド・ボウイやハリー・ニルソン、ミック・ジャガー、リンゴ・スターらとのコラボレーションや、ポール・マッカートニーとの久々の再会など、ビートルズ解散以降のソロキャリアのなかで最も多作で、商業的にも成功した時期を過ごした。

 本作では、ジョンの名曲の数々や貴重なアーカイブ映像、ジョンとメイが互いの姿をとらえたプライベートな写真などをふんだんに紹介しながら、若き日のメイがジョンとともにした忘れがたい日々を語っている。

【作品情報】
ジョン・レノン 失われた週末
2024年5月10日(金)より角川シネマ有楽町、シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー
配給:ミモザフィルムズ
© 2021 Lost Weekend, LLC All Rights Reserved

 
   

ランキング(映画)

ジャンル