top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

どこに貼ったかわかる? 1回7.3円の“靴ずれ対策テープ”。目立たず「痛み予防」できる優れもの

女子SPA!

40代に突入し、足が疲れやすくなったような気がします。そのため普段の外出はほとんどスニーカーになりました。歩きやすく疲れも感じにくいので、どこに行くにも欠かせない相棒的存在です。

しかし、子どもの学校行事や冠婚葬祭などは、さすがにスニーカーでは行けず……時々パンプスなどのヒールのある靴を履くことがあります。そんな時に起こるのが「靴擦(ず)れ」問題。

ヒールだけでなく、履き慣れないせいなのか、フラットタイプの靴をおろした時にも必ず起こります。しかも、筆者はもれなくかかとに。なにか良い対策はないものでしょうか?

絆創膏は見た目が気になるし、はがれやすい

靴擦れを起こしかけているとき、大抵の人は絆創膏でとりあえず保護するのではないでしょうか。もちろん、靴擦れが起こってしまってからの患部ケアであれば絆創膏はアリ。しかし、絆創膏は意外と目立つため「私は靴擦れしています!」と宣言しているようでちょっと恥ずかしい気持ちもあり、また見た目もあまりよろしくない。

筆者も今までは絆創膏で対策していたのですが、知らない間にねじれていたり、はがれていたりして、結局靴擦れを悪化させてしまうことも。何か良い方法はないかと探していた時、友人に紹介してもらったのが「靴擦れ保護テープ」というアイテムです。

靴擦れは「起こる前にテープで予防」が鉄則!

靴擦れ保護テープの絆創膏との最大の違いは、靴擦れになってからでは貼るのではなく、靴擦れを防止するために、靴擦れを起こしやすい部位にあらかじめ貼るという点。

テープ本体は手のひらにすっぽり収まるくらいのコンパクトサイズなので、携帯にも便利です。

養生テープのように手で切れるタイプで、必要な分だけ取って切る。とにかく簡単です。長さだけでなく幅も調整できるので、狭い範囲にも貼ることができます。なので、靴擦れしやすい部位を徹底的にガードできます。

何より嬉しいポイントは、絆創膏のように目立つことがない点。絆創膏は貼っているのが丸わかりですが、こちらのテープは透明なので肌に馴染んで目立たない。これならパンプスだけでなく、露出の多いサンダルでも使えそうです。

しかも、シワがよりやすい部位でもずれたりねじれたりせず、しっかりとガードしてくれます。あまりにフィットして存在感を消してくれるので、テープを貼ったのを忘れてしまうほどです。すっかり忘れて、筆者は貼ってから2日後に剥がしたこともあります。



実際に貼ってみると……本当に存在感なし!

靴擦れを起こしやすいかかとに貼ってみました。もちろん見えることは見えるのですが、存在感は薄いです。

さらに靴を履くと、かなり近づかなければ気がつきません。こちらのテープを貼りパンプスを履いて1日外出しましたが、靴擦れを起こすことなく、テープがねじれることもなく、快適でした。

上からストッキングを履くと、もう何も貼っていないのでは? というほど存在感を消してくれます。目立たない上に、絆創膏のようなゴミも出ずに靴擦れが防止できるのは、本当に助かります!

1回7.3円! 絆創膏と比べてもコスパ優秀

ちなみにコスト面はどうでしょうか。ちょっと計算してみましょう。

4.5メートルで549円、ということは、1センチあたり1.2円程度。筆者の場合、かかとであれば、1回3センチ程度が必要で、両足だと3センチの倍の6センチが必要となります。ゆえに、1回あたりは7.3円。

かかとだけの使用であれば、1巻で約75回も使えます。絆創膏と比べてもコスト面はかなり優秀だとわかります。

ただし、筆者も初めは5センチぐらいから始めて、ピンポイントでケアできるのが3センチというところに行き着いたので、最初は5センチぐらいから使い始めてみた方が良いかもしれません。

ちなみに5センチの場合は両足で10センチ必要なため、1回あたり12円。かかとだけの使用であれば45回使えます。

長さによって多少回数は前後しますが、平均して50回前後使える! 目立たない! ゴミも出ない! コスパ面でもかなり優秀! 何より、これならパンプスを履かなくてはいけない日も憂鬱でなくなりそうです。

ただしこちらはあくまで予防テープで、傷の治癒はできません。靴擦れを起こしてからは貼ることができないので注意しましょう。

<写真・文/佐治真澄>

【佐治真澄】
美容ライター/化粧品会社のPR経験をもとにライターとして活動を開始。現在はWEBを中心に多くの媒体で美容記事を執筆。スキンケア、メイク、ボディ、ヘアケアなど幅広いジャンルに精通。



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル