top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

押切蓮介の最恐ホラー漫画 白石晃士が映画化 「サユリ」公開決定

映画スクエア

 押切蓮介原作のホラー漫画「サユリ」が、「貞子vs伽椰子」「不能犯」などの白石晃士監督により映画化されることが決まった。タイトルは「サユリ」で、2024年夏に全国公開される。

 原作の「サユリ」は、累計20万部を突破し、押切蓮介によるホラー表現の到達点とも言われるホラー漫画。とある家族が夢のマイホームへと引っ越した途端、次々と不可解な現象に襲われるというストーリーが展開される。原作者の押切が「こんな邦画ホラーがあればいいのに」と考えながら描き上げたというホラー漫画で、自身の作品の中で「一番好き」と語るほど思い入れを見せている。

 監督は、ホラー「貞子vs伽椰子」や、松坂桃李主演のサスペンススリラー「不能犯」などの白石晃士。これまで、幽霊、呪い、オカルト、モキュメンタリーなどさまざまなジャンルのホラー作品を数多く手掛けてきた白石監督が、”最恐ホラー漫画”の映像化に挑む。

 原作者の押切蓮介、白石晃士監督のコメントも公開された。コメントは以下の通り。

■原作者:押切蓮介
今までのJホラー映画で理不尽に散っていった人類の無念、僕はもう我慢の限界だ!霊に負けに負ける負け戦映画はもうこりごりだと思う人には是非観てほしい!霊に立ち向かえ!怒りに怒れ!バカになれ!!

広告の後にも続きます

■監督:白石晃士
原作を一読し、これを映画化するのは絶対自分!と、プロデューサーと共に企画を進めてはや5年。ついに映画化へこぎつけた入魂の娯楽ホラー映画です。停滞しているJホラーをブチ壊す、新時代のホラーを目指しました。恐怖と絶望とユーモアと興奮と感動を、ぜひ劇場で味わってください。刺激強めのカオス味、後味は意外と爽やかかもしれません!

【作品情報】
サユリ
2024年夏、全国公開
配給:ショウゲート
©2024「サユリ」製作委員会/押切蓮介/幻冬舎コミックス

 
   

ランキング(映画)

ジャンル