top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パサパサ髪に悩む40代、枕カバーを変えたら「やみつき」に!一度寝たら手放せない“納得の理由”

女子SPA!

40代は何かと乾燥が気になるお年頃。肌が乾燥するのはもちろんですが、髪のパサつきも気になります。最近乾燥しているせいか、髪がまとまりにくく、朝のスタイリングも時間がかかってしまいます。

そんな悩みを友人に相談したところ、勧められたのがシルクの枕カバー

シルクは保湿性が高く、摩擦も軽減! 静電気防止にも

シルクとは、蚕(カイコ)の繭(まゆ)を原料とする天然の繊維のことをいいます。肌触りがやさしくなめらかなので、肌に直接触れる枕カバーやシーツなどの寝具やパジャマ、下着などにも活用されています。しかも天然の保湿成分により、肌や髪の潤いを保ち、乾燥対策や静電気による刺激も防止。まさに美肌や美髪を目指したい人、乾燥が気になる40代の髪にピッタリです。

また、シルクは他の繊維に比べて柔らかく、摩擦が起こりにくいという嬉しい性質もあります。寝ている間、寝返りを打ったりするなど意外と動いているため、髪と枕カバーとで摩擦を引き起こしていますが、この摩擦が髪にとっては大きな負担。乾燥や切れ毛などの原因になってしまいます。しかも髪だけでなく、肌も擦れて肌トラブルの原因になることも……。

シルクの枕カバーであれば、低刺激で肌に優しく、この摩擦を軽減することができると言われています。さらに、静電気も発生しにくいため髪に余計なダメージを与えず、寝ながらの美髪ケアを叶えてくれるのです。

シルクのナイトキャップが苦手な理由

寝ている間の髪のケアとして、シルクのナイトキャップもよく紹介されています。ですが筆者はこのナイトキャップが苦手。かぶって眠ると束縛されている感じがして、熟睡ができません。しかも、途中で脱げてしまうことも多々。ロングヘアのだと全部の髪を入れ込むのも難しい上に、朝まで脱げなかったと思ったら、今度な前髪に変な癖がついてしまい残念な結果になることもあります。

ナイトキャップより少しお値段が張りますが、やはりシルクの枕カバー一択! と筆者は思うのです。



ロングヘアの毛先までケアできる仕組みとは

色々なメーカーさんから出ているのでお好みで選ぶのが良いと思いますが、筆者が使っているのはコジットの「シルクシャイニーピローパッド シャンパンゴールド」(税込5,478円)というもので、楽天市場で購入しました。

表生地がシルク100%で、サイズは本体が63×68cm、枕収納部が63×43cmパッド部が63×25cmです。

シルクの枕カバーはツルツルして滑りやすいとか、頭を乗せる部分しかケアできないと言われていますが、こちらは独自設計のロングパッド付きで毛先までケアできるようになっている点が購入の決め手になりました。

長い髪をカバーしてくれるのはもちろん、肌に触れる部分も大きいので、肌のケアもできちゃいます。取り付けも、枕を筒状になっているところに差し込むだけと簡単。

寝癖がつきにくくなり、朝のスタイリング時間も短縮

実際に使ってみると、なめらかで心地良い! 触れた瞬間はちょっとひんやりするのですが、シルクは保湿や保温効果にも優れているので、馴染んでくると温かさも感じます。

ロングパッドの裏がずれにくい仕様になっているので、寝返りをうってもずれることなく、朝まで快適。さらに、シャンパンゴールドのカラーも高級感があり、この枕カバーに変えただけで、寝室全体がグレードアップしたような感じがします。

何より、この枕カバーを使用してから寝癖がつきにくくなり、朝のスタイリング時間も短縮! 寝起き直後から、髪がしっとりサラサラです。



シルクはいいことばかりではない!

しかし、シルクはとてもデリケート。摩擦に弱く傷つきやすいので、洗濯には特に注意が必要。必ず洗濯表示をチェックするようにしましょう。ちなみにこちらの枕カバーは、手洗いを推奨しています。もし洗濯表示のところに「洗濯桶にバツ印が付いたマーク」があると、家庭では洗濯できないので気をつけましょう。

手洗いする場合は、中性洗剤またはシルク専用洗剤を使用。30度以下のぬるま湯で優しく洗います。さらに干す時は形を整えて陰干し……と、少々手間がかかります。

それでも、一度シルクの枕カバーで寝てしまうと、その心地よさ、髪や肌のしっとり感がやみつきになり、筆者は手放せなくなりました。

シルクの枕カバーを使うようになってから、スタイリングが楽になったのはもちろんですが、なんだか髪が素直になってきたような気がします。静電気防止効果も期待できるということなので、40代の髪不調はシルクの枕カバーで乗り切れるかな? と期待しています!

<写真・文/佐治真澄>

【佐治真澄】
美容ライター/化粧品会社のPR経験をもとにライターとして活動を開始。現在はWEBを中心に多くの媒体で美容記事を執筆。スキンケア、メイク、ボディ、ヘアケアなど幅広いジャンルに精通。



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル