top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

あと1週間の命 残りわずかな時間を自分らしく生きる 窪塚愛流&蒔田彩珠主演 「ハピネス」予告

映画スクエア

 2024年5月17日より劇場公開される、窪塚愛流と蒔田彩珠主演の、嶽本野ばらによる同名小説の映画化「ハピネス」から、本予告編が公開された。

 本予告編は、心臓の病気のため医者から余命を宣告された由茉が、「あと、1週間で死んじゃうの」と恋人・雪夫に告げる衝撃的なシーンから始まる。すでに自分の運命を受け止め、「最後まで自分らしく生きたい」と思いを明かす由茉。憧れていた”ロリータさん”デビューをし、大好きなカレーを食べ、できる限りの時間を雪夫と一緒に過ごしたいと願う。そんな由茉のいちずな思いを受け止めた雪夫は、幸せな思い出が増えるたびに失われていく時間に戸惑いながらも、彼女の願いをかなえるために奔走する。

 「あと1週間しか生きられないのなら、リスクを冒してでも楽しく毎日を過ごしたい…」と願う由茉。だが、徐々に頻度を増す心臓発作、バスのなかで激しい発作に襲われてシートに倒れこむ姿を目の当たりにした雪夫は、残りの時間が近づいていることを悟る。さらには、そんな雪夫を支える家族の姿も見られる。つらいのは「自分も同じ」と夫を優しく抱きしめる由茉の母(吉田羊)、温かいまなざしで見守る由茉の父(山崎まさよし)、そして姉の月子(橋本愛)は「(ふたりが)出会えたことは奇跡。それはとても幸せなこと」だと優しく語りかける。

 残りわずかな日々を幸せに過ごそうとする2人の笑顔といきいきとした表情や、愛する人に出会えた喜び、大切な人との絆を切り取った予告編となっている。

 「ハピネス」は、残り少ない日々を命の限り輝かせようとする少女と、そんな彼女の夢を全力で支えようと奔走する少年とが繰り広げるラブストーリー。嶽本野ばらによる同名小説が原作で、窪塚愛流と蒔田彩珠が主演を務め、吉田羊、山崎まさよし、橋本愛らが顔をそろえる。監督は数々の人間ドラマを描いてきた篠原哲雄。脚本を、「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」「夜明けの街で」の川﨑いづみが担当している。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ハピネス
2024年5月17日(金)より全国公開
配給:バンダイナムコフィルムワークス
©嶽本野ばら/小学館/「ハピネス」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル