NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力

NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
 ここ最近のNGT48の騒動について、HKT48・指原莉乃が行った13日『ワイドナショー』(フジテレビ系)での発言が称賛されている。AKB48グループの一員ながら運営側の対応を厳しく批判、しっかりとした私見を述べたことに、SNSなどでは「よく言った!」との声が。さらに、問題になりかねなかった同番組の松本人志による発言をも、15日のTwitterで華麗にネタに昇華。もはやいちアイドルとは言えない、指原の対応力の源とは?


■『ワイドナショー』でNGT48騒動に言及、当事者側の立場から厳しく批判

 今月8日、NGT48の山口真帆が、男性2人に暴行被害を受けたこと、運営に相談しながら何も対処がないことを告発。これには運営側に激しい批判が集まり、運営側は10日に公式コメントを発表。ところが、その内容に対しても再びバッシングが巻き起こった(後日、あらためて会見で説明)。そんな騒動を受け、13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した指原莉乃は、運営を厳しく批判。視聴者から大きな称賛を浴びることとなった。

 指原は運営側について、「誰がトップなのか、誰が仕切っているのか、私ですらわからない」と、現状を説明。公式コメントについても、「名前も出ず、顔も出ず、誰が書いているかもわからないコメントを中途半端に出して。こういうときに誰が最初に動くのかを仕切らない」と、疑問を呈した。AKBグループに属しながらも毅然と運営側を批判する指原の姿勢には、SNSでも「現役で言えるギリギリの範囲まで言ってて素晴らしかった」「被害者に寄り添った優しくも強い発言。本当に立派」「さっしーしかできないコメント」と、絶賛の嵐が巻き起こった。

■セクハラに発展しかねなかった松本人志の発言をも華麗に昇華、正真正銘の“神対応”

 一方で、同番組ではもう一つ問題が勃発。松本人志が指原に対して発した“発言”が、世間から厳しく批判されたのだ。NGT騒動について、「私が(運営トップに)立っても何もできない」と語る指原に、松本は「お得意の体を使ってなんかするとかさ」と発言。これには、「良識を疑う」「シャレにならない」「全然、面白くない。どうかしている」と批判が殺到。2人の関係性を汲んだやり取りながらも、一般視聴者のみならず、脳科学者の茂木健一郎や元TBSアナウンサーでエッセイストの小島慶子ら識者からも非難の声が上がった。

 だが、この“炎上”にストップをかけたのもまた、指原である。松本への批判が止まらないなか、指原は15日にTwitterを更新。『ワイドナショー』出演時は緊張し記憶がないことに触れ、「改めて録画をチェック……松本さんが干されますように!!!」と、セクハラ発言を絶妙に“ネタ”に昇華して見せた。この対応には前述の茂木も、「ほんとうに偉い!」と称賛。渦中の松本自身、「指原様~」と炎上を沈めた指原に対し感謝のツイートを送っていた。メディアでの表現に厳しい目が向けられる昨今だけに、炎上のみならず、BPO案件にまで発展しかねなかった今回の松本の発言。それを単なる弁護ではなく、笑いにまで持っていった指原の言動は、まさに“神対応”と言えるだろう。

■普通のアイドルとは違う、自身のスキャンダルいじりも辞さない許容量

 指原の対応力の高さは以前から言われており、実際にそれが現在の活躍に繋がっていることは周知のとおり。だが、最近の硬軟織り交ぜた彼女の発信力は、特筆すべきものがある。なぜ指原は、このような力を身につけることができたのか? それはやはり、彼女の特異な芸能界サバイブ術に関係がありそうだ。

 指原が注目を集めるようになったきっかけは、ブログ『指原クオリティー』。さらに、そのバラエティー力が買われ、2011年にはAKB48メンバーでは初の単独冠番組『さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~』(TBS系)が放送、同年『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーにも抜擢された。翌年の『AKB48選抜総選挙』では4位に浮上し、アイドル、タレントとしての階段を順調に駆け上るかに見えた。ところが、そんな最中に『週刊文春』により男性スキャンダルが発覚し、涙の謝罪。ペナルティとして福岡を拠点とするHKT48へ移籍することが発表された。

 当時、ネット上では指原に対する誹謗中傷が相次ぎ、“指原叩き”は簡単には収束しなかった。しかし指原は、普通のアイドルなら御法度の自身の“スキャンダルネタ”で笑いをとり、裏表のないキャラクターが世間に浸透。総選挙で三連覇するほどの人気を得た。昨年4月放送の『王様のブランチ』(TBS系)では、「マジで私が文春砲のパイオニア」と語るほど、芸能人としての器の大きさ、ピンチにおける対応力を見せている。

■教育係、劇場支配人としてHKTを躍進させた指原、「運営トップに」の薦めも

 とはいえ、単なるバラドルだけで終わってもいない。HKT48移籍後にメンバーの教育係を任された指原は、2013年にHKT48劇場支配人も兼任。その自己プロデュース能力の高さはグループにも引き継がれ、HKT48を躍進させるに至った。

 まさに“たたき上げ”であり、メンバー教育や運営側の視点すら持った指原。これらの経験こそが、今回のNGT騒動への毅然とした態度に繋がっているのではないだろうか。前述の『ワイドナショー』でも古市憲寿から「NGT運営のトップになれば?」と勧められていたが、もはや一アイドル、という扱いではない。さらに、スキャンダルや「私もあとをつけられたことがある」といった経験があるからこそ、彼女の言葉は説得力がある。AKBグループの創始者・秋元康が発言を控えている今、渦中のNGT48を守り、全グループの精神的支柱になっているのは指原だと言えるのではないだろうか。「運営トップに」と勧められるのもうなずける話である。

■かつて地獄を見た指原、揺れるAKBグループの救世主となるか?

 人気絶頂の中、スキャンダルで地獄を見ながらも、そこから這い上がってきた指原の経験値は、並みのものではない。自著『逆転力~ピンチを持て~』では巨大掲示板に頻繁に出入りしていたことも明かしており、言動がネットでどう受け取られるかも熟知している。ブログやバラエティーでは、文章力や発言力も培ったのだろう。松本の発言への対応を見てもわかるとおり、真面目すぎず、笑いに走り過ぎず、自分のみならず他者をも救う絶妙なセンスは、そうそう真似できるものではない。

 アイドル、タレントであることは間違いないものの、指原の芸能界での立ち位置は、これからさらに上昇していくように思える。男性でいえば、多くの芸能人や番組にも影響力の大きい、中居正広のような存在になっていくのではないだろうか。ピンチをチャンスに変える力を持った指原が、今後どう動くか。これまで蓄積した力を発揮することで、指原はAKBグループをまとめていく救世主となるかもしれない。

(文:今 泉)
(更新日:2019年1月21日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME