top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

綾瀬はるかが笑顔とナレーションで子どもたちを応援!NTTドコモ「ドコモ未来プロジェクト」新CM公開

YESNEWS

NTTドコモは、俳優の綾瀬はるかを起用した「ドコモ未来プロジェクト」の新CM「未来を切りひらこう」篇のほか、ドコモ未来ミュージアム「一緒にえがいてみよう」篇、ドコモ未来ラボ「一緒につくってみよう」篇、ドコモ未来フィールド「一緒にふみだそう」篇を、3月27日(水)より公開した。

2023年より実施している「ドコモ未来プロジェクト」は、未来をつくる子どもの夢を応援するための取組み。2002年から毎年開催し、創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」をはじめ、プロのセカイにふれる”ことができるプレミアムな体験を提供するイベント「ドコモ未来フィールド」と、“未来の新発明”をテーマに、固定概念にとらわれない自由な発想を募るプログラミングコンテスト「ドコモ未来ラボ」を実施し、未来へ歩き出す子どもたちに、ワクワクする経験や自由な発想を表現できる場を提供している。

新CMでは、ドコモのブランドアンバサダーの綾瀬はるかをナビゲーターとして起用。綾瀬が「ドコモ未来プロジェクト」の取組み内容をナレーションで紹介するほか、明るい笑顔で子どもたちを応援する。子どもたちに向けた夢のふくらむメッセージに、綾瀬のナレーションにも自然と熱量がアップ。さらには、ボクシングの井上尚弥選手や、大宮アルディージャのサッカー選手たちに目を輝かせる子どもたちの映像も登場する、ワクワク感満載の素敵なCMに仕上がっている。

広告の後にも続きます

収録後のインタビューでは、「何が自分を支えてくれるものになるか分からないから、いろいろと挑戦するのはすごくいいと思います」と、未来をつくる子どもたちの夢にエール。また、自身の子どもの頃の夢を聞かれると、「コロコロ変わっていて。バスケットボールの選手だったり、パティシエになりたいと思ったり、 結構テレビに影響されていました」と回答。「毎日いろんな種類のケーキを焼いて食べたり、家族に食べさせたりというのをやってました。でも、8割がたは自分で食べていたという感じでした」と明かしていた。

■綾瀬はるか インタビュー
Q. CM撮影の感想を教えてください。
今回は顔だけの出演のCMということだったんですけど、さまざまな子どもの夢が広がるようなプロジェクトがとても楽しみだなと思いました。私は(顔の)切り取りでの出演ですけど、なかなかいい顔ができたと思います。

Q. 綾瀬さんの子どもの頃の夢を教えてください。
しっかりしたのがなくて、コロコロ変わっていて。バスケットボールの選手だったり、パティシエになりたいと思ったり、 結構テレビに影響されていました。お菓子作りにすごいハマっているときがあって、 毎日いろんな種類のケーキを焼いて食べたり、家族に食べさせたりというのをやってました。でも、8割がたは自分で食べていたという感じでしたけど。大好きでしたね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル