top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ザック・エフロン レスラー役で脅威の肉体 「大きな挑戦だった」 「アイアンクロー」インタビュー

映画スクエア

 2024年4月5日より劇場公開される、ザック・エフロン主演の映画「アイアンクロー」から、もの静かで優しい性格で愛情深い次男ケビン役を務めたザック・エフロン、三男デビッド役のハリス・ディキンソン、四男ケリー役のジェレミー・アレン・ホワイト、五男マイク役のスタンリー・シモンズの、フォン・エリック兄弟を演じた豪華主要キャスト4名によるインタビュー映像が公開された。役作りや撮影秘話、本作の見どころなどについて語っている。

 本作での注目ポイントの一つでもある肉体改造について、ザックは「僕にとってはフォン・エリック兄弟といえばあのたくましい体格が何よりも印象的だった。会場を盛り上げるショーマンシップとリングでの超人的な身体能力を持つ彼らのような肉体になることは俳優にとってものすごく大変なことだ。だから本作の役作りは僕にとって大きな挑戦だった」と、「ベイウォッチ」で見事な肉体美を披露したザックにとっても、今回のトレーニングはかなりつらかった様子を見せている。

 ジェレミーは、ストーリーの要となる彼らの人間性や内面部分を表現するにあたり、「私生活を映したものはほとんどなくて、映像の彼らはいつもパフォーマンス・モードだった。だから素顔を知るために彼らを取り巻く人間関係を理解しようとしたんだ。兄弟同士の関係や父親との関係についてね」と、想像を絶する喪失を体験した兄弟を演じるために、彼らの人間性や当時の生活を十分に理解する必要があったことを振り返っている。

 最後にハリスは、「これは人の心の強さを力強く訴える物語だ。さまざまな不幸を乗り越えていくケビンの姿を通じて描かれる。いかに彼がすばらしい人間かよく分かるよ。それに本作ではメンタルヘルスや男らしさについて議論するシーンも多い。本作を見た人がある種の共感を得て、その共感が他の分野にも広がることを願うよ」と、本作の見どころを熱くコメントしている。

「アイアンクロー」ワールドプレミア

【作品情報】
アイアンクロー
2024年4月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
© 2023 House Claw Rights LLC; Claw Film LLC; British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル