top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ゆず」が秋田を盛り上げるプロジェクト「わっかフェス」2024に出演!郷土芸能団体とステージで共演!

マガジンサミット

音楽アーティスト「ゆず」の2人が、3月24日に あきた芸術劇場ミルハスにて行われたイベント「わっかフェス」2024に登場!「サヨナラバス」、「夏色」、「栄光の架橋」などの楽曲を披露し、会場は大きな盛り上がりを見せました。

「わっかフェス」2024について

今回行われたイベント「わっかフェス」2024は、2014 年から 2022 年まで開催された被災地の復興への歩みを後押しする「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」 の後継として2023 年にスタート。今年で 2 回目の開催となります。今年は「ゆず」が秋田県の郷土芸能団体、首都圏の大学生と共演しパフォーマンスを行いました。

秋田県の郷土芸能 4 団体によるパフォーマンス

イベントではまず、郷土芸能のトップバッターとして「秋田市土崎港 港ばやし保存会」が登場。港ばやしは秋田市土崎のお祭りで400 年の歴史があり、様々な楽器で構成されています。男性が掛け声で音頭をとり、その音頭に合わせて太鼓や三味線を使った演奏が行われました。

続いて披露されたのは秋田県の三大盆踊「毛馬内の盆踊」。大鼓と笛の伴奏で踊るパターンと無伴奏で踊る 2 パターンの踊りがあります。 大人の体をこえる大きさの太鼓を二人で抱え、その周りを囲むようにして盆踊が行われました。

次に行われた「花輪ばやし」は、太鼓、鐘、笛で構成されている日本三大囃子の一つ。軽やかな太鼓の音色から始まりますが、後半にかけて掛け声が激しくなり、前半の演奏とは異なる表情を見せます。徐々にテンポアップしていくにつれて、 会場の熱気も高まっていきました。

広告の後にも続きます

ラストを飾ったのは、海外公演やロックフェスにも出演している「Akita 和太鼓パフォーマンスユニット音打屋-OTODAYA-(なまはげ太鼓)」。ステージ上の照明演出から始まり、ステージ左右からパフォーマーが登場。一糸乱れぬ太鼓パフォーマンスを披露しました。

「ゆず」の2人が登場!

秋田県の郷土芸能のパフォーマンスが終わると、「ゆず」の2人が登場。恒例のラジオ体操から始まり、1曲目に「虹」、2 曲目に「少年」を披露しました。

「ゆず」は昨年、全国ツアーを行いましたが、大雨の影響により秋田県でのライブが中止に。北川さんは「いつか秋田でライブをしたいという思いがあり、秋田県でわっかフェスのライブを開催することができ良かった」と話しました。

その後、「サヨナラバス」、「友~旅立ちの時~」の人気楽曲が披露され、5 曲目の「タッタ」では今回のために結成された 「わっかダンサーズ」がステージ上に登場。お客さんの全員が入場の際に配られた「タンバリン」を使用して、会場全体が一体となりました。

北川さんは「秋田の皆さん元気ですか!まだまだ寒いですが、夏のうたをやってもいいですか?」と呼び掛け、大人気楽曲「夏色」を披露。 その後、会場からアンコールを受けると、なまはげが雷鳴と共に登場。さらになまはげの面をかぶった北川さんも登場し、アンコールに応えて夏色を披露しました。

そして最後の楽曲「栄光の架橋」を披露する前に北川さんは「色々なパフォーマンスを行い、世代、ジャンルを超えて秋田で一つの輪っかができたと思っています。この輪をスタートとして、日本の伝統芸能が受け継がれていくことを願って、これからも音楽をやっていきたい」とコメント。楽曲の途中から秋田の郷土芸能 4 団体、東京学芸大学 和太鼓サークル 結(ゆい)のメンバーがステージ上に登場し、会場全体が一つとなりました。

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル