top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

国内最大級のダブルダッチの祭典!「DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN 2024」Report

FINEPLAY

2024年3月16日(土)・17日(日)、東京都世田谷区・日本大学文理学部 百周年記念館にて、ダブルダッチ世界大会の日本選考会となる「DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN 2024」が開催された。

DOUBLE DUTCH CONTESTとは

2002年から日本で始まった大会「ダブルダッチコンテスト」。
2012年には初の世界大会が開催され、現在では“日本発祥の世界大会”として展開。
今年2024年は、7月になんと神奈川県川崎市にて世界大会 “WORLD” が開催される。

そんなCONTEST JAPANは、「2つの種目」「4つの部門」に分けて開催。
JUNIOR・SENIOR部門については、上述の世界大会の予選も兼ねている。

注:オフィシャルサイトの「ルール」を元に編集部で作成

このうち、最も盛り上がりを見せるパフォーマンス種目の採点は、大会独自の基準によって決定。簡潔にまとめると、
「審査 4項目の合計※+加点項目─減点項目」で審査される。
※4項目はそれぞれ 5つの小項目の観点から判断

注:オフィシャルサイトの「ルール」を元に編集部で作成。詳細なルールはサイトを参照のこと

特にミスの多発しやすいダブルダッチにおいて、“ノーミス”が優遇され、逆にミス数によって減点される制度は、パフォーマンスの大会としては唯一無二。
ミスのない演技を求めつつ、しかし“攻めた”パフォーマンスを作ってほしいという大会側の意図が反映されたルールだ。

SPEED

広告の後にも続きます

30秒でジャンプした回数を競う「SPEED」
各部門の優勝者の勇姿を、大会オフィシャルカメラの写真と共にご紹介!

■ALL AGES 部門
『SP eight』MIYAKO JUMP ROPE CLUB(93回)

■KIDS部門
『月読命』HOT.D.D.C(102回)

■JUNIOR部門
『UNITENITE』ダブルダッチスクール Be Color(124回)

■SENIOR部門
『マイケル』株式会社JUMPLIFE(131回)

PERFORMANCE:ALL AGES部門

年齢構成が自由、つまり何歳からでも、および年齢をまたいでのチーム構成も可となる「ALL AGES部門」。日本一に輝いたのは IDDC 所属『Battle Cry』。オールドスクールで洗練されたミスの無い演技で、審査員を唸らせ優勝に輝いた。

PERFORMANCE:KIDS部門

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル