top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

39歳ジュノンボーイ俳優の“なんとなく拍子抜けする”演技。10年代から変わらない軽妙さとは

女子SPA!

 現在のように推し活が広く浸透する直前、2010年代。ひとりで静かに平岡祐太を推していた。

 映画、ドラマ、舞台と手当たり次第。同じ作品を何度も繰り返し鑑賞する。でもそれもいつからか熱が冷め。まるで再会するかのような気持ちで久しぶりに見たのが、なかなかハードな夫婦ドラマだった。

 イケメン研究をライフワークとする“イケメンサーチャー”こと、コラムニスト・加賀谷健が、毎週木曜よる24時20分から放送されている『極限夫婦』(関西テレビ)に出演する平岡祐太を偏愛解説する。

趣味の渋さも良い平岡祐太

 平岡祐太、好きだなぁ。ある一時期までは、ほんとに四六時中、彼のことを推していたと思う。俳優としての活躍を追うだけでなく、趣味人の一面にめちゃくちゃ魅了されていたのだが、その特技がエレキギターの演奏。

 好きなギタリストがエリック・クラプトンという渋さがたまらなく嬉しくて。だからクラプトンをヘビロテするときは、目を閉じて平岡祐太がギターをかき鳴らす姿を常に思い浮かべたり。これまでに筆者がファンクラブに入会した、ただふたりのうちのひとりでもある。

 最初は溝端淳平で、次が平岡。どっちもジュノンボーイのふたり。それぞれ2006年と2002年の受賞年は、今よりグランプリ受賞とジュノンボーイの称号にはずっと価値があった時代。

偏愛の人だったけれど……

この投稿をInstagramで見る

平岡祐太〜Yuta Hiraoka〜(@yuta_hiraoka_official)がシェアした投稿



 推しを見るには、舞台作品が最適。野村萬斎が企画・監修した『道玄坂綺譚』という舞台が2015年にあって、能舞台を模した正方形の簡素な空間を生身の平岡が躍動していた姿は、夢うつつの演劇体験をもたらしてくれた。

 2017年には、『内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ』(TBS)で4代目の浅見光彦俳優になったのが、これまた嬉しく。そんな我が偏愛の人だったけれど、いつからかピタリと推し活をやめてしまった。

 はっきりとした理由はないものの、やはり新世代スター俳優たちが次々登場して取って代わられることで、かつてのジュノンボーイである平岡の足場が不安定になったことは否めない気がするのだ。



『極限夫婦』モラハラ男の実態

 かつての推しが、あるとき不意に目の前に現れたとき、これは正直、反応に困ってしまう。特に平岡の場合、何もなかったような顔して、ヒョイッと軽妙に自然体で画面上に出現するものだから、こちらは拍子抜けする。

 このヒョイッと感は、彼の演技の基本として、昔も今もどうやら変わっていないよう。推し活以来、久しぶりに見た平岡祐太の出現は、夫婦関係の倦怠ムードの最中。『極限夫婦』というドラマタイトルからして、穏やかじゃない。

 平岡が演じるのは、とんでもないモラハラ夫・北斗達也。大学の後輩である北斗亜紀(北乃きい)との再会を経て、結婚する。現在の夫婦生活の倦怠にいたるまでの、そもそもの話。達也に違和感を抱いていた亜紀視点から、このモラハラ男の実態が解剖されていく。

アップデートされてない人の典型

この投稿をInstagramで見る

平岡祐太〜Yuta Hiraoka〜(@yuta_hiraoka_official)がシェアした投稿



 再会は居酒屋。ひとりカウンター席で飲んでいた亜紀に、隣席のグループ客が絡んでくる。これを回避した達也のナイスプレー。ここまではよかったのに、ふたりで飲む流れになると失言の連打。

 お礼にご馳走するという亜紀に対して、「女に奢らせるとか、あれだから」といらない一言。「あれ」ってどれだよ。これが亜紀の違和感1つ目。次にデートのとき、ふたりで歩きながら店を決めていると、咄嗟のこれ。「自分の女、いいとこ連れて行きたいでしょ」。あぁ、またいらんこと言ってるよ、この人。極めつけが、区役所に婚姻届を提出した途端に、亜紀のことをいきなり「お前」と呼び始め、家長ヅラする。

 でもいるよな、こういうアップデートされてない人。男気だかなんだか知らないけれど、女性を守ってる風なこと言って満足して。それがとんでもない時代錯誤のモラハラの典型だということに気づきもしない。



よく見るとすごい“ウザさの名人芸”

この投稿をInstagramで見る

平岡祐太〜Yuta Hiraoka〜(@yuta_hiraoka_official)がシェアした投稿



 ただしこれが困っちゃうのは、さっき指摘したように、平岡はいかにもヒョイッと演じるものだから、達也の悪気のなさがよりむき出しに強調されていること。これはある意味、名人芸。

 居酒屋での初登場をよく見ると、現れた平岡の背中にカメラが上手から下手へ滑るように回り込み、平岡のクロースアップがピタッと画面を占有する。うまい具合に控えめの演技だけれど、キャラクターの性格に合わせたこれ見よがしではある登場の仕方が、達也のウザさを絶妙に引き出している。

 ちょっとタイミングがズレたら、このウザさは出ない。カメラ前の平岡は、きっと紙一重でちゃんと狙って、キメてきてると思う。その後の達也の実家での亭主関白ぶりは、もはや令和には新鮮に映る。

 最終的に妻側から痛烈なしっぺ返しをくらうのが本作の醍醐味だが、さてさて久しぶりに推してみたくなった平岡君は、いったい、どんなリアクションを見せてくれるのかしらね。

<文/加賀谷健>

【加賀谷健】
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル