top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

有名人の不倫を「一生許さない」人たちの気持ち悪さ。ネットリンチを“実写化”してみたら|ドラマ『不適切にもほどがある!』

女子SPA!

 3月15日に8話が放送された『不適切にもほどがある!』(TBS系、金曜よる10時~)。不祥事を起こした芸能人を必要以上に攻撃する“ネットリンチ”の醜悪さを見事に表現した秀逸な回だった。

「たった一度の過ちで」表舞台に立てなくなった男

 冒頭、テレビ局・EBSテレビのカウンセラーを務める小川市郎(阿部サダヲ)のもとに、女性アスリートとの不倫をキッカケに社内で腫れ物扱いされている入社7年目のアナウンサー・倉持猛(小関裕太)が相談にやってくる。倉持は不倫スキャンダルの発覚後、裏方業務に取り組んだり、反省文を定期的に提出したりなど、約3年間“禊(みそぎ)”のため懸命に過ごしていたという。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」 (@futeki_tbs)



 ようやくアナウンサーとしての復帰の目途が立ったものの、リスクマネジメント部の部長が栗田一也(山本耕史)に変わったことにより、その話は一旦白紙に戻されてしまったと話す。仕事を干された倉持に同情した市郎は栗田のもとに抗議に行く。市郎は「たった一度の過ちで3年も閑職に追いやるなんて、権利乱用による不当な配置転換と過少要求、すなわちパワーハラスメントに該当するんじゃないのかね」とカウンセラーっぽく説得する。

番組をバッシングする“観てない連中”とどう向き合うか

 市郎の指摘を栗田は受け入れ、朝の情報番組『朝ッパラTIME』への倉持出演を約束。ただ、倉持が“性懲りもなく”テレビ復帰したことに、一部の視聴者は違和感を示す。その声を拾って作成された「【不倫アナ】倉持猛が『朝ッパラTIME』に登場 不倫騒動後、3年ぶりのテレビ出演」と題したネットニュースが掲載される。そして、このネットニュースを見たSNSユーザーから倉持に対する批判の声が上げり、それらの声を抜粋したネットニュースがまたしても掲載。

 2回目のネットニュースのコメント欄には「そもそも観てないけど、倉持が出るなら今後一切観ない、観てないけど」といった声で溢れかえる。番組を視聴していないにもかかわらず、倉持が出演している番組はもう二度と見ないと宣言する人の多さに困惑する市郎の前に栗田が現れ、「もはやテレビが向き合う相手は視聴者じゃない。見てない連中なんです」と現在の息苦しいテレビ事情を説明した。



他人の過去の不倫をほじくる“恒例行事”

 それでも、倉持復帰のために説得を続ける市郎を見かねた栗田は、自身の20回目の結婚記念日をお祝いするホームパーティーに倉持と市郎を招待する。そこには栗田の妻・加世子(紺野まひる)に加えて、加世子の幼なじみ・ポッキー(宮下今日子)とタイコ(遠山景織子)、さらには彼女らの夫も出席していた。序盤は賑やかに談笑していたが、急に空気がピりつき、タイコは「わかってるわよね。20回目の結婚記念日、ということは?」と問いかける。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」 (@futeki_tbs)



 すると栗田は「例の件から17年です、はい」と懺悔。栗田は17年前に不倫したことがあり、ポッキーとタイコの夫婦は栗田と加世子が仲睦まじく過ごしているのか、そして栗田がキチンと反省しているのかを確認するため、2人の結婚記念日に毎年足を運ぶことが恒例行事になっているらしい。

「コメント書き込んでる連中と一緒」

 当然栗田は居心地が悪そうにしているが、それでも「家内も許してくれましたし。もう大丈夫! 二度とこのような過ちは犯しません」と口にする。しかしポッキーは「何を言ってるの? おカヨが許しても私たちは許しませんよ」、タイコは「どんなに謝ってもあなたのやったことは消えないの」と総攻撃。さらにはその場で栗田に謝罪させて優越感に浸った表情を見せた。市郎は「気持ち悪い。これが世間か」とボソリ。

 その後、帰り道を歩いている時、倉持は「あの人たち、関係ないですよね」という。市郎もすかさず「関係なのにコメント書き込んでる連中と一緒」「蒸し返して、騒いで、ついでに旦那にプレッシャーかけて」と不適切極まりないといった表情を見せる。また、倉持は「バッシングする人間の心理を誰よりもわかってる栗田さんだからこそ、リスクマネジメント部長なんだな」と口にして、自身の復帰に否定的だった栗田の心情を察した。



SNSユーザーの再現度が高い

“ネットリンチ”を題材にした作品は、小説・映画『白ゆき姫殺人事件』、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)など多くある。しかし、“栗田夫婦の結婚記念日”ほどネットに批判的な声を上げる人たちの醜さを、丁寧かつコミカルに実写化したシーンは恐らく稀である。

 自身の正義感・支配欲を満たしたり、日常生活の憂さ晴らしをしたりなど、使い勝手の良いコンテンツとして不倫バッシングを消費しているポッキーとタイコの姿は、まさに不倫報道に群がるSNSユーザーそのもの。恒例行事にして何度も過去の騒動を持ち出し、罪悪感を与えようとするところも再現度が高い。

 また、ネットニュースのコメント欄が世論のような扱いになってしまい、様々な制約を作り出している現状にも気づかされる内容だった。現実でも、作中の「【不倫アナ】倉持猛が『朝ッパラTIME』に登場 不倫騒動後、3年ぶりのテレビ出演」と“同じパッケージ”のネットニュースは多く掲載されている。ただ、そういったネットニュースに対して、タイトルだけで判断したり、「批判殺到」といった扇動的な言葉を簡単に信用したりなどしないように気をつけたいとも思った。

 残り話数は少ないが、それでも不適切な令和の現状を切っていく内容に期待したい。

<文/望月悠木>

【望月悠木】
フリーライター。主に政治経済、社会問題に関する記事の執筆を手がける。今、知るべき情報を多くの人に届けるため、日々活動を続けている。Twitter:@mochizukiyuuki



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル