top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「本当に貢献した」「先生が望むわけない」鈴木おさむ氏「鳥山明さんに国民栄誉賞を」提案に寄せられる賛否

SmartFLASH

 

 3月いっぱいで放送作家・脚本家を引退する鈴木おさむ氏の提案が話題を呼んでいる。

 

 3月17日、『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した鈴木氏は、3月1日に68歳で亡くなった漫画家の鳥山明さんに、「国民栄誉賞を与えてほしい」として、こう熱弁したのだ。

 

広告の後にも続きます

「僕が小学校2年生のときに『アラレちゃん』が爆発的に流行って、中1になって『ドラゴンボール』が始まって大ブレイクするんですけど、20代のときにヨーロッパに旅行したときに、普通におもちゃ屋に入ったら、『ドラゴンボール』のおもちゃがめちゃくちゃ売ってたんですよ。うわさでは『ドラゴンボール』が世界で流行ってるよって言うんですけど、それ見て、本当に流行ってるんだなと思って。

 

 

 やっぱりジャパニメーションとか、日本の漫画が世界で流行ってブームだと言いますけど、間違いなく鳥山明先生の作品が背骨になっていたと思う。だから、僕は国民栄誉賞を与えてほしいと思う。国民栄誉賞って、スポーツが多くて。漫画だと(『サザエさん』の作者の)長谷川町子さんだけなんですよ」

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル