top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

映画『わたくしどもは。』小松菜奈×松田龍平W主演、叶わぬ恋をした記憶のない男女の過去と運命

FASHION PRESS

映画『わたくしどもは。』が、2024年5月31日(金)に劇場公開される。小松菜奈・松田龍平がダブル主演。

佐渡島・金山跡地の“無宿人の墓”から着想を得た物語

富名哲也が監督・脚本を務める映画『わたくしどもは。』は、佐渡島の金山跡地の片隅にひっそりと佇む墓地、“無宿人の墓”に着想を得た作品。江戸時代、戸籍を剥奪された無宿人と呼ばれる人々が佐渡島に連れてこられ、金山で過酷な労働を強いられた末に、多くの人が命を落としたという出来事の痕跡が色濃く残る場所だ。

戸籍の無い“無国籍者”は、遠い過去にとどまらず、現代日本、そして現代の世界にも存在している。社会の記録上存在を認められない、無宿人や無国籍者の彷徨える魂を“忘れないため”に、テーマとして描きたかったという。

叶わぬ恋をした、記憶と名前のない男女の“その後”

『わたくしどもは。』で描かれるのは、叶わぬ恋をした悲運の男女のその後。佐渡島を舞台に、現世と来世の狭間で再び出会う記憶と名前のない男と女を、松田龍平、小松菜奈がダブル主演で演じる。

主人公・女(ミドリ)…小松菜奈
佐渡島の金山跡地に倒れていたところ、目を覚ますも過去の記憶がない。清掃員の女性・キイに助けられる。キイとともに暮らすアカ、クロと名乗る少⼥たちに“ミドリ”と名付けられてキイとともに働き始める。猫の気配に導かれ、構内で暮らす男、アオと出会う。何かに導かれるように、寺の⼭⾨で待ち合わせてはアオと時を過ごすようになる。

広告の後にも続きます

主人公・男(アオ)…松田龍平
警備員。名前と過去の記憶がない。

キイ…大竹しのぶ
記憶を失った女(ミドリ)を助ける金山跡地の掃除婦。

向田透…片岡千之助
ジェンダーの悩みをひとりで抱え込む高校生。ろう者の母に育てられた。

ムラサキ…石橋静河
謎のバスガイド。アオとの親密さを漂わせる。

館長…田中泯
あの世とこの世の狭間の番人。

透の母親…内田也哉子

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル