top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ソーシャルギフトサービス「dozo」大幅リニューアル!デザイン全般のリブランディングを実施して本日より公開

YESNEWS

ソーシャルギフトサービス「dozo」は、2022年4月のサービススタートから今年で3年目を迎えることを機に、ロゴマークをはじめとしたデザイン全般のリブランディングを実施し、本日3月18日(月)より公開した。

今回のリブランディングでは、「dozo」がさらにブランド認知度を向上すべく、利用する人の印象に残りやすいロゴや色使いを意識し、ロゴマークをはじめWEBサイト・ギフトチケット・パンフレットなど、dozoを取り巻くデザイン全般の刷新を図った。

新デザインには、個性豊かなイラストを引き立てつつも、dozoの魅力である「編集の面白さ」を強調するデザインを取り入れ、「雑誌のようなMIX感」や「ワクワクしながらページをめくる楽しさ」を意識し制作された。
ロゴは「太いマーカーで手書きした文字」をイメージしたフォントで、dozoが持つ100種類以上のテーマイラストに負けない存在感を示すとともに、dozo編集部が日々手を動かしながら企画しているという「手作り感」や、ソーシャルギフトサービスの利便性を保ちつつ、しっかりと気持ちが伝わるというdozoならではの「温かみ」を表現している。

またキービジュアルのデザインには、中島ミドリ氏・ニシワキタダシ氏・Chari氏の3名が「贈る人・贈られる人」を描き、物理的に離れていてもdozoを贈ることでつながれるイメージをそれぞれの個性により表現している。
さらにニシワキタダシ氏は、dozoのサービス内容を楽しみながら理解できる内容で構成された8コマ漫画も描き下ろしで制作した。

新デザインについてイラストレーター3名のコメントはこちら。

広告の後にも続きます

■中島ミドリ
大切な人からギフトをもらうとき、ギフトを選んでくれた時間や気持ちにより嬉しくなります。そんな何気ない日常の特別な時間を明るいカラーリングや2人の表情で表現しました。

■ニシワキタダシ
dozoのギフトを贈り合う、いろんな人たちを描いてみました。イラストのように“相手が喜んでくれるかな“と考えながら、dozoのギフト選びを楽しんでもらえればうれしいなと思います。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル