top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

オズワルド畠中、がん手術で腎臓1個全摘出していた! 病気を経験し「人よりも健康な気がしてきて」

SmartFLASH

腎臓がんの手術を終え仕事に復帰したオズワルド・畠中悠(左)

 

 オズワルド・畠中悠が3月13日放送の『ほら!ここがオズワルドさんち!』(TBSラジオほか)で、初期の腎臓がん手術の経験を語った。

 

 畠中は2月28日に入院して、29日に手術を受けたが「腎臓を1個、取ったんですよ。ワンオペです」と告白した。自身の場合は「部分切除だと、ちょっと(がんが)残っちゃう可能性がある。だったら全部、取っちゃったほうが、がんが体に残らないってなって、全摘出という手術になった」と全摘出の理由を明かした。

広告の後にも続きます

 

 

 腎臓について「1個取っても、その働きが50%になるわけじゃないみたいなんですよ。なので、片方がないことによって、70%ぐらいの力を出すみたいなんです」と明かした。さらに、飲食店のアルバイトにたとえ「いままで2人態勢でバイトをまわしてたのが、ひとり飛んでワンオペになったとしても、いままで1時間で20人のお客さんをさばいてたのが、10人しかさばけなるなるわけじゃない。13、14人ぐらいさばける」と説明。

 

 ひとつとなった腎臓には、負担をかけないようにすることを心がけ「いかに長く、働いてもらうかが大事」と話していた。さらに、相方・伊藤俊介に「(腎臓の片方を)君も取りなよ。せっかくだし」とムチャぶりして笑いを誘っていた。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル