top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【京都】安井金比羅宮|悪い縁を切って、幸運をゲット!周辺おすすめスポットもご紹介

YOKKA

現代、生きにくい世の中になりつつあります。再出発したい、人生を変えたい人が多いはず!

この記事では、人生を変えたい人向けのパワースポットとして安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)を紹介します。

また、安井金比羅宮は 祗園が近く、観光スポット が多いです。私が実際に足を運んだ 飲食店 レンタル着物店 かばん屋 も紹介するので、ぜひ、京都旅行の参考にしてみてください。

安井金比羅宮

Photo by 文本つばき

由緒・御利益

祭神
  • 源頼政(みなもとのよりまさ)
  • 崇徳天皇(すとくてんのう)
  • 大物主神(おおものぬしかみ)

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は、藤原鎌足が悠久的に一族の繁栄が続くように祈願して藤寺を創建したことが始まりです。 崇徳天皇(在位1123~1141年)は藤寺の藤を好み、堂塔を修理します。権力闘争に負け讃岐(香川県)に島流しとなった崇徳天皇が崩御に。その際に寵妃の阿波内侍(あわのないし)は上皇より賜った自筆の肖像を寺中の観音堂に祀りました。

治承元年(1177年)、大円法師が御堂に籠った時に、崇徳上皇が出現。このことは直ちに後白河法皇(ごしらかわほうおう)に報告され、法皇の命令により建立された光明院観勝寺が安金毘羅宮の起源といわれています。 応仁の乱(1467~1477年)より荒廃するも、元禄8年(1695年)に太秦安井(京都市右京区)あった蓮華光院(れんげこういん)が当地に移され、崇徳天皇、大物主神、源頼政公を合祀したことから「安井の金比羅さん」の愛称で親しまれています。

参拝の作法をマスターしよう!

Photo by Photo AC

広告の後にも続きます

境内に 縁切り縁結び碑 があり、願い事を託すことができます。

  • 本殿に参拝へ
  • 「形代」に願い事を記入/ 100円以上を賽銭箱に納めてください
  • 形代を持って願い事を念じつつ、碑(いし)の表から裏へくぐる
  • 逆で裏から表へくぐる
  • 碑に形代を貼る
  • 授与品 ・ 御朱印

    悪縁切御守
    Photo by 文本つばき

    良縁ばかりを求めるのではなく、原因となる「悪縁を絶つ」ことも必要です。自分を見つめ直すきっかけの戒めとしてお守りをもつことはいかがでしょうか。

    御朱印
    Photo by 文本つばき
    • 1
    • 2
     
       

    ランキング(グルメ)

    ジャンル