top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

60万部突破の小説 雨穴『変な絵』コミカライズ版登場「スリルのテーマパークを楽しんで」

Real Sound

『変な絵』 ©雨穴・相羽紀行/双葉社

 ホラー作家兼YouTuberである雨穴氏による長編小説『変な絵』(双葉社)がコミカライズされる。2024年3月15日(金)に「コミックシーモア」にて連載開始予定だ。

(参考:【写真】コミック版「変な絵」冒頭試し読み

 原作小説『変な絵』は、60万部を突破した11万字書き下ろしの「長編小説」。今回のコミカライズの作画は『生徒死導』『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-side D.H&B.A.T』の相羽紀行が手掛ける。

 『変な絵』はとあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』など、9枚の奇妙な絵にはとある真実が隠されている……というストーリーだ。それぞれのエピソードが最後には線で繋がるスリル満載な展開と衝撃的な結末が話題で、多くの読者から高い評価を得ている。

 コミカライズにあたり、雨穴氏は“私は2021年に間取りミステリー「変な家」という小説を書きました。「変な絵」はそれに続くシリーズ第二弾ですが、「変な家」での経験と反省を生かし、自分の持てる力をすべて注ぎ込んで書き上げた一番の自信作です。「ミステリー」「ホラー」「サスペンス」「冒険」「どんでん返し」など、様々なわくわくを詰め込んだので、スリルのテーマパークを楽しむような気分で読んでいただけると嬉しく思います。”とコメントしている。コミカライズのこの機会にぜひチェックしてみよう。

広告の後にも続きます

©雨穴・相羽紀行/双葉社

(文=リアルサウンド ブック編集部)

 
   

ランキング

ジャンル