top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

深田恭子 熱愛報道の相手が本誌に明かしていた“花嫁の条件”

女性自身

「1月8日の会見では、主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)のタイトルを言い間違えたりと、天然ぶりを発揮した深キョンですが、笑顔を絶やさず、プライベートの充実も感じられました。しかし前日に報じられた自身の熱愛についてふれることはありませんでした」と語るのは芸能関係者。

 

1月7日、スポーツニッポンが報じたのは女優・深田恭子(36)の熱愛だった。お相手は不動産ビジネスを展開するシーラホールディングスの会長・杉本宏之氏(41)。

 

「人脈も広く、剛力彩芽の恋人である前澤優作氏とは13年来の友人だそうです。深キョンとは昨年11月に知り合ったと報じられています」(前出・芸能関係者)

広告の後にも続きます

 

実はこの杉本氏、15年前には本誌にも登場していた。なんと記事のタイトルは《26歳カリスマ実業家が誌上「花嫁」大募集!》(’04年3月23日号)

 

当時、杉本氏を取材したベテランライターは言う。

 

「24歳にして会社を設立した杉本さんは不動産業界の風雲児として脚光を浴びていました。取材を進めるなかで、非常に魅力的な人柄ということもわかり、『ぜひ女性自身で結婚相手を募集しませんか』と、提案したのです。杉本氏も驚いていましたが、ノリのいい性格の方で、最終的にはOKしてくれました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル