top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

レイカーズがウェスタン首位のサンダーに快勝…八村塁は2試合連続2ケタ得点ならず

バスケットボールキング

レイカーズがウェスタン首位のサンダーに快勝…八村塁は2試合連続2ケタ得点ならず(C)バスケットボールキング

 3月5日(現地時間4日)、NBAの2023-24レギュラーシーズン公式戦が各地で行われ、ロサンゼルス・レイカーズはホームでオクラホマシティ・サンダーに116-104で勝利。再び今シーズン34勝29敗(勝率.540)の貯金を「5」とした。

 レイカーズはアンソニー・デイビス、八村塁、レブロン・ジェームズ、ディアンジェロ・ラッセル、オースティン・リーブスが先発出場。13試合連続でスターター起用された八村は、第1クォーター残り9分をきったところでレブロンのアシストを受けて初得点をマークすると、同5分には3ポイントを成功。第1クォーターに5得点を挙げた。

 その後はしばらく得点できない時間帯が続いたものの、チームが第2クォーターから第3クォーターにかけて一気にリードを広げて主導権を奪取。終盤は大量リードを守りきり、ウェスタン・カンファレンス首位に立っていたサンダーに快勝した。

 ホームで価値ある1勝を手にしたレイカーズは、デイビスが24得点12リバウンド、レブロンが19得点11リバウンド8アシストのダブルダブルをマークし、合計5選手が2ケタ得点をマーク。

 八村は23得点を挙げた3日のナゲッツ戦から2試合連続の2ケタ得点とはならず、約22分の出場で7得点1リバウンド1アシストの成績だった。

広告の後にも続きます

 レイカーズの次戦は、3月7日のサクラメント・キングス戦。12時30分ティップオフ予定だ。

■試合結果
レイカーズ 116-104 サンダー
LAL|25|27|37|27|=116
OKC|25|18|29|32|=104

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル