top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

B1佐賀がU15所属の“現役中学生”をユース育成特別枠で登録…第25節・広島戦でベンチ入りへ

バスケットボールキング

B1佐賀がU15所属の“現役中学生”をユース育成特別枠で登録…第25節・広島戦でベンチ入りへ(C)バスケットボールキング

 B1西地区の佐賀バルーナーズは3月5日、U15に所属する大石空汰を「ユース育成特別枠」で選手登録することを発表した。

 現在15歳の大石は168センチ58キロのポイントガード。現在は地元の佐賀市立城南中学校に在学中の現役中学生で、今年1月に開催された「京王 Jr.ウインターカップ2023-24 2023年度 第4回全国U15バスケットボール選手権大会」にも出場していた。

 今回の発表に際して、大石は「トップチームの選手の方々と活動できる貴重な経験に感謝し、その環境から 少しでもプロの選手に近づけるようにたくさんの事を学びたいと思います」と、クラブを通じてコメント。

 クラブは3月6日の第25節・広島ドラゴンフライズ戦でベンチ登録するとの意向を示しており、仮にこの試合で出場すれば仙台89ERSの阿部真冴橙が持つB1リーグの最年少出場記録(16歳3カ月)を更新することになる。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル