top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

中日、終盤の集中打で逆転勝利 村松&ドラ3辻本マルチ、カリステ逆転打

ベースボールキング

中日、終盤の集中打で逆転勝利 村松&ドラ3辻本マルチ、カリステ逆転打(C)ベースボールキング

オープン戦
● オリックス 2 - 8 中日 ○
<3月5日・京セラD大阪>

 中日は終盤に打線がつながり計11安打で逆転勝利。今オープン戦2勝目(3敗1分け)を挙げた。

 中日打線はオリックスの先発左腕・曽谷の前に5回までわずか1安打。それでも2点を追う7回、オリックス3番手・比嘉を攻め、代打・村松の左前適時打で1点差に迫った。なおも二死満塁の好機で、2番・カリステが2点適時二塁打を左翼線へ運び3-2。試合を一気にひっくり返した。

 続く8回はオリックス5番手・阿部に6安打を浴びせ、途中出場・宇佐見の左前適時打で4点目。その後も村松が3点適時三塁打を右翼線へ運ぶなど4点を加えた。

 代打から出場した村松は2打数2安打4打点を記録。同じく途中出場のドラフト3位・辻本も2打数2安打と快音を重ね、二遊間のレギュラーを狙う面々がアピールした。

 オープン戦2度目の先発となった髙橋宏は、4回5安打2失点、4奪三振3四死球の内容で降板。4回までに74球を要するなど制球面に課題を残した。5回以降は田島、齋藤、藤嶋、マルティネス、勝野が1イニングずつ無失点。救援陣は順調ぶりを示した。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル