top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

愛猫のための正しい『キャットフード』の選び方5つ 健康な体はいい食事が作る!

ねこちゃんホンポ

1.猫の年齢や健康状態に応じて選ぶ

猫はライフステージによって必要とされるエネルギーや栄養が異なります。年代に合ったフードを選ぶことは、栄養不足やカロリー過多を防ぎ健康を守ることにつながるのです。

1歳頃までの子猫は、体が一気に発達していくため成猫の約2〜3倍のエネルギーを必要とします。そのため、子猫用フードは高タンパク・高脂質でビタミン・ミネラルをバランス良く含むものです。

成長が落ち着いていく1歳〜7歳までの成猫向けフードは、子猫用よりもカロリーが少なく、皮膚や被毛、筋肉、免疫力などの健康サポートができる成分が含まれています。

7歳を超える老猫用のフードは、運動量が減ることを考慮してカロリーは低め、腎臓の健康維持のためにカルシウムやリンを抑えてあるなど、加齢に伴う変化に対応できるものです。

病気を患っている猫には療法食を与えたほうが良いケースがありますので、獣医師と相談しましょう。

2.総合栄養食を選ぶ

広告の後にも続きます

キャットフードを選ぶ時は、パッケージに「総合栄養食」と書かれているものを選びましょう。

キャットフードには一般食(副食)や総合栄養食といった種類があります。一般食(副食)は猫が必要とする栄養は含まれるものの、単品ではすべての栄養は摂れません。

ただし総合栄養食にグループ分けがされなくても、総合栄養食に準ずる栄養組成のものも存在します。与える予定のものがどのようなものなのかを把握してから与えるよう心がけましょう。

対して総合栄養食は、AAFCO(全米飼料管理機構)によって定められた基準をクリアし、総合栄養食のフードと水だけで健康のために必要な栄養素を摂取することができます。

一般食を与えたい場合は、カロリーオーバーにならないように食事量を調整した上で総合栄養食と一緒に与えると良いでしょう。

3.猫の好みに合わせて選ぶ

猫によってフードの香り、形状、食感の好みはさまざまです。愛猫が好むキャットフードを選ぶことで、食欲を刺激してきちんと食べてくれるようになります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル