top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「知らなかった!」「そうだったのか」 サンスター公式サイトが教える歯ブラシのお手入れ方法

grape [グレイプ]

虫歯にならないためにも、お口の中のケアは大切です。歯ブラシは毎日使うものですが、選び方やお手入れ方法など意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

『SUNSTAR(サンスター)』公式サイトでは、歯ブラシに関するアレコレを解説しています。自分に合った歯ブラシを選んで、毎日のケアを行いましょう。

歯ブラシの交換時期の目安

歯科医では、一般的には1か月を目安に歯ブラシを交換することが推奨されています。電動歯ブラシの場合は、ヘッド部分の交換目安は2~3か月です。しかし、どちらも毛先の広がりや汚れの状態に応じて交換時期を早めることも検討しましょう。

歯ブラシの状態や交換時期をチェックするポイントは、毛先の広がりや植毛部分の汚れです。毛先が広がると磨き残しが出て、歯垢やプラークが十分に除去されず、歯周病や虫歯のリスクが高まります。

使用後に汚れが植毛部分に残ると、口腔内に細菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。出血が多い場合や歯垢がたまりやすい場合も、交換間隔を短くしましょう。

歯ブラシ使用後のお手入れ方法

広告の後にも続きます

歯ブラシを使った後のお手入れ方法も気になる点ではないでしょうか。サンスターによると、歯ブラシを使った後は流水でしっかり洗うことが大切なのだとか。

「大切なことは、歯ブラシは使ったら流水をかけてしっかり洗って、しっかり乾燥させておくことと、丁寧な歯磨きをして口の中をキレイにしておくことです」

「流水をかける場合も指でゴシゴシするのでなく、いろんな角度から水を当てて汚れを落とします。そのあとに、水を入れたコップの中に歯ブラシを入れてシャカシャカとゆすぎ、その後、流水下での洗浄を行う方法もいいですね」

サンスター ーより引用

熱湯や電子レンジ、漂白剤を使っての消毒は適切ではありません。水で洗ってしっかり乾燥させることが最も効果的です。また、保育園や介護施設ではほかの歯ブラシとの接触を避け、清潔な状態を保ちましょう。

歯ブラシの選び方

歯ブラシを選ぶ時は、口の状態に合ったものを選びましょう。歯並びが乱れている場合や歯間が狭い場合は、細かい部分まで届きやすいコンパクトな歯ブラシが適しています。

歯茎が敏感な場合は、毛先の柔らかい歯ブラシがおすすめです。子供用の歯ブラシは持ち手が短いものを選びましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典 サンスター
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル