top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

究極の雀力が呼んだ超レア現象 4人がアガリ牌をつぶし合った「全員純カラ」は役満以上の天文学的確率/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 こんな結末、誰も予想できない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月4日の第2試合。流局時に全員がテンパイ、さらにその待ちが全員純カラという激レア状況が発生した。

【映像】超激レア!全員テンパイも「純カラ」な局面

 東2局は対局者全員による壮絶なぶつかり合いとなった。まずKONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)がカン五万待ちのダマテンから自風で雀頭の北をポンして一・四万の待ちに取った。続いて親の赤坂ドリブンズ・渡辺太(最高位戦)が平和・一盃口・赤・ドラの親満貫をテンパイし、5・8索待ちをダマテン。さらにBEAST Japanext・鈴木大介(連盟)がタンヤオ・七対子の5筒待ちでこちらもダマテンとした。

 最後に追いついたのはKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)。カン7索待ちで一盃口・ドラ2のダマテンだ。これで全員がテンパイし、視聴者も「すげー」「おもしろ!」「れべるたけー」「凄い局や」と注目だ。

 しかしこの全員テンパイ、誰もアガリを掴めない。堀が8索を止め、カン5索待ちでリーチをするもこれは純カラ。滝沢のマンズ待ちも山にない。唯一、5筒待ちが山に残っていた大介が7索を引き、5筒を切ると全員の待ちが山から消えた。日吉は「全員純カラ!こんなことある!?麻雀人生で4人テンパイで全員純カラ!これはニュース!ハッシュタグ全員純カラです!」とこの激レアの状況を伝えた。ファンは「みんなないw」「なんだこれw」と大騒ぎ。

広告の後にも続きます

 全員がテンパイして流局すること自体がレアなゲーム。全員純カラという異常事態は、役満以上の天文学的確率だ。日吉のテンションは留まるところを知らず「全員純カラ!純カラおじさんです!」と珍言連発。試合後は「全員純カラ」がXでトレンド入りしていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル