top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

まるで「芝刈り機」 香川真司、敵の背後から股下目掛けて鬼スライディング発動で相手DFが悶絶「何してんすか」元日本代表同士の容赦ない攻防の瞬間

ABEMA TIMES

【明治安田J1リーグ】鹿島1-1C大阪(3月2日/カシマスタジアム)

【映像】香川真司、相手の背後から股下に鬼スライディング発動の瞬間

 元日本代表の気迫が感じられる瞬間だった。1-1で迎えた87分に香川真司のパスが相手に当たると、こぼれ球に対してスライディング。鹿島DF安西幸輝が先に身体を入れていたため、ボールには触れられずに倒す形となった。ファウルになったものの、香川が執念を見せた瞬間だった。

 注目のシーンは86分のことだった。鹿島の選手がヘディングしたボールを香川真司がダイレクトでパスを試みるも、相手に当たってしまう。こぼれ球に対して鹿島DF安西幸輝が身体を入れて反応すると、香川も負けじと背後から激しいスライディングで対応したのだ。しかし、香川はボールに触れられずに安西を倒す形となり、審判からはイエローカードのジャッジを受けてしまった。

 安西は悶絶の表情を浮かべ、危険なファウルとなったものの、試合終了間際で勝ち越しを狙う両チームの激しい攻防が繰り広げられた場面だ。ファンは「香川真司さん何してんすかwwww」「芝刈り」と、驚きの様子だったものの、元日本代表MFの気迫が感じ取れるプレーとなった。

広告の後にも続きます

 試合は両チーム共に最後までゴールを奪えず終了の笛。C大阪は開幕から2試合連続でドローとなった。
(ABEMA de DAZN/明治安田J1リーグ)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル